ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

アルバート家の令嬢は没落をご所望です (2) /さき  



表向きは才色兼備の大貴族の令嬢、本性はコロッケ好きで変わり者のメアリ・アルバート。従者のアディは唯一の理解者で、いつも一緒だった。実はアディはメアリにずっと片想いしているけれど、メアリはまったく気づかない。そんな中、メアリがアディを置いて留学することになって!?「どうか俺だけを、一人の男として隣に置いてください」長年のアディの想いは実るか否か!?


(不本意ながらも)無事、没落を回避してむしろ繁栄してしまったアルバート家のメアリ様の続編です。隣国に留学してみれば、前作の『ドラ学』の続編である『ドラドラ』の世界観に突入してしまっていた・・・という感じ。
前作で悪役令嬢だったのでメアリ様は無関係でいようとしつつ、何だかんだおせっかいを焼いて大団円の結末にもっていくように仕向けるんだから(わかりずらいけど)面倒見が良いんだよね。たぶんそこが彼女の魅力なんだろうけど。

恋愛には鈍感過ぎるメアリだったけど、やっとアディへの恋心を自覚して一気に乙女になっていくのが可愛かった!ただ、あまりにも鈍感なので先に外堀を埋められたというか、もう結婚させてちまおうぜーというのには笑ってしまったw
メアリもずっと結婚する相手はアディをそばに置く事を許してくれる人と決めていたそうなので(だからパトリックと結婚はベストだと思ってた)無意識にアディと一緒にいる方法を模索していたというのがいじらしいわー。
アディがリードしてるようで、きっと二人の関係はずっとこのまま仲良く暮らしていくんだろうな。大団円な結末で面白かったです。みんなお幸せにー!!
スポンサーサイト

Posted on 11:05 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/436-eed825d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター