ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

わたしの嫌いなお兄様/松田 志乃ぶ  

わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)
(2012/09/29)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

士族・橋本家のおてんば娘、有栖は怒っていた。ある日突然、縁談を決められてしまったからだ!相手は年上の従兄、春日要―。富豪の両親のもと、何不自由なく育った要は、知的で優しい美貌とは裏腹に、悪戯好きでキザ、おまけに素人探偵気取り…と大変な問題児!どうやら、彼との(強引な)縁談には、ある人形の紛失事件が絡んでいるらしく…!?レトロモダンなロマンティックミステリー。


やっぱり大正物は良いですね!ハイカラな雰囲気がとても好きです。
ちゃんと物語に大正の要素が入れられてて(少女小説ブームとか)良かった。

コバルト本誌に掲載された短編を文庫化で、1話読みきり形式なのが3つ収録されています(1つは書き下ろし)
本誌読んだときにとてもツボだったので、文庫化は嬉しい!

有栖と要お兄様の掛け合いがとても面白かったです。要お兄様の方が一枚も、二枚も上手なので良い感じに有栖が踊らされてる感じがツボでしたw
主人公の有栖は、お兄様の事は好きなんだけど素直になれなくてツンツンしてしまうのが可愛かったなぁー。あとおてんば娘で、元気っ子なのも良かった。
お兄様こと要は有栖に対して「マイ・エンゼル」やら「僕のお姫様」とかキザなセリフをささやきまくってたので、本当にごちそうさまでした。
一様ミステリ要素もありますが、そこら辺はオマケ程度かなーと。あくまでもキャラの掛け合いがメインだよ、的なね。


今回で綺麗に纏ってはいるのですが、また続きを読みたいなー。次は「婚約者に振り回されるの巻」でw
スポンサーサイト

Posted on 11:12 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/43-2eacf16e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。