ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

紅霞後宮物語/雪村花菜  




関小玉、33歳。不世出の軍人と噂される彼女は、「とある事情」から、かつての相棒にして今はこの国の皇帝である文林の懇願を受け、ある日突然、皇后となった。いきなり夫婦となった文林との関係に戸惑いつつも、小玉は持ち前の前向きさと大雑把さを武器に、女性の嫉妬と欲望が渦巻く後宮「紅霞宮」に入る。他の妃たちの嫌がらせにも気づかぬ小玉のマイペースさに、後宮はまさに大混乱!だが、その混乱は後宮に潜む“闇”をも目覚めさせてしまい…。


この作品もtwitterで話題になってたので、思わず手にとってしまった作品。あとカバーイラスト桐矢さんじゃん!的な

後宮物なんですが、全然色っぽくなくて笑ったw元々相棒だった皇帝とも気の知れた友人という感じで夫婦という感じがしない。
そして皇后になってしまった小玉さん元軍人(庶民出身)なので、嫌がらせの豚の頭も美味しく頂いてて素敵だなと(笑)
あと無自覚の人たらしらしく、権力者で気位の高い王太子妃も過去に陥落済み(彼女が皇后だから支持してあげる的な)いつの間にか妹分の妃がいたり。

基本的にコメディーなノリなんですが、やはり後宮が舞台なので結構重かったり。貴妃はただ哀れだったよな・・・実家の都合で後宮に入れられ最終的には実家が陰謀を起こし自分も巻き込まれてしかも初恋の相手も加担して殺されてしまうし、自分の産んだ皇子を殺してしまうほど追いつめられてしまったんだから。
この貴妃の事件の後、小玉のわたしの物語が出来たら(醜さは切り取られるから)綺麗な物語になるんだろうねに対して、梅花のでもこの醜さを知れるのはこの時代に生きているものの特権だからそれでいいんだ、と考えてたのがとても印象に残りました。

後に、小玉は千年後も名が残る皇后になるそうなのでそこに至るまでの物語をもっと読みたいなと思いました。
あと皇帝が何を考えてるのかがわからないので、そこら辺も。
続巻が決まったそうで続きも楽しみ。
スポンサーサイト

Posted on 17:44 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/420-b3ce1c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター