ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

4月読書メーターまとめ  

今日から5月ですか・・・!最近仕事のシフトが変則的で曜日感覚がないし、相変わらず1カ月が早くて恐ろしい。
5月といえば大型連休!!な訳ですが、もちろん接客業な自分には関係ないので通常運転です。今までわたしもどこかに行きたい!!となってたけど、たとえ休みがあっても出かけない事が判明したのでまぁ稼ごうかという感じです。


今月は22冊読みました。今月はあんまり新刊を買う余裕があまりなく、買って放置していた本をもくもく読んでたのでだいぶ、積み本が減ったよ!


しばらく積んでたんですが、最終巻と外伝をやっとこ読了。外伝も含め、お伽噺のような物語で良かったです。職人として辛い目にあったりしてたけど、ひたすら前を進んでいくアンの姿が格好良かったシリーズでした。
あきさんとの新作もすぐ出るので楽しみにしてます。


二人だけの→久しぶりのTL(な気がする)ヒーローが狡猾でいつの間にか彼の望む結末に辿りついてるよ、的な感じ。ハッピーエンドだけど、その幸せはふと瞬間に壊れてしまいそうなほの暗い結末だと思います。かなりや荘→村山さんの作品をオレンジ文庫で読めるとは!出てくる人がみんな優しくて読んでて癒される。シリーズ化も決まってるそうで、楽しみに待ってます。親友の~→おまえらめんどくさいよ!!となったけど、読了感は爽やか。親友が捻くれてて最高に面倒くさい。暴君~→普通のラブコメかと思って読むと黒さにびっくり。個人的に登場人物の病みっぷりがこの作家さんの魅力だと思うので、この路線で書き続けて欲しい。それにしてもヒロインのお母さまのインパクトのでかさよ・・・あと高星さんのイラストがとても綺麗!

公式では5月刊だけど

最終巻後の外伝。幸せそうだけど、どこか切なくなるような花神シリーズらしい短編集だったと思います。一つの話で、知夏がいなくなって現代サイドの物語もあってしんみりしました。
花神シリーズは完結してしまいましたが、新作やSheSeaの3巻目も発売されるみたいなので今から楽しみです。

最近空いた時間で本は結構読むんですが、ゲームが進まない!!まだ剣が君をちんたらプレーしてます。
寝る前に酒を飲みつつプレーするので眠くなるんですよね、、、地味に積みゲーが増えてきたよ

と、いうことで下から読書メーターのまとめです





2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:5790ページ
ナイス数:132ナイス

花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 きらめく星屑のかけらたち (角川ビーンズ文庫)感想
幸せだけれど、どこかせつなくなるような短編集でした。胡汀のデレに知夏と一緒に悶えてたけど、どこかほの暗い執着を知夏に抱いて彼女もそれに気づいて受け入れているというのが良い。『夢路』で新たに神世に「あましること」として産まれおちて、佐基と伊織と再会出来て良かったけど彼女は胡汀とどのぐらい一緒にいられたのかな?と考えると少し切ない。本当に読み終わってしまうのが勿体ないな!と思えるような短編集でした。欲を言えば、あとがきにあった子世代の話も読みたい。
読了日:4月30日 著者:糸森環
暴君との素敵な結婚生活 (小学館ルルル文庫 み 4-14)暴君との素敵な結婚生活 (小学館ルルル文庫 み 4-14)感想
タイトルとあらすじ的に普通のラブコメかなー?と思ったら、結構ブラックな内容で大変好みだった!ヒロインもふわふわ可愛い系なんだけどちょっと壊れているので、暴君と恐れられているヴォイドが一番まともなのかな?と。個人的にヒロインの母親が病みすぎてて、主役よりもインパクトがあったと思う。この作者さんはこのブラック路線でずっと書いていって欲しい。
読了日:4月30日 著者:宮野美嘉
白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 隻眼の黒竜と永遠を望むもの (一迅社文庫アイリス)感想
人間と竜は生きる時間が違い過ぎるし、必ずしも永久になれば幸福とい訳ではないよな…アクダルと沙久羅は穏やかに暮らしてただけに、あのラストは辛い。ただあの永久の散り様が儚くも美しいとも思った。竜の永久を失った瞬間を見た澄白はシュトラールの花嫁として、何を思ったのかな…
読了日:4月26日 著者:永野水貴
進撃の巨人(16) (講談社コミックス)進撃の巨人(16) (講談社コミックス)感想
今回はレイズ家や王政が中心の話で、徐々に真相に近づいていってるなーと。ラスト、追い詰められてやっと本心を見せたヒストリアが印象的でした。エレンは自分の父親がやってしまった事に絶望してしまってたけど最後まで足掻いて欲しい。それにしても相変わらず展開が重たい…
読了日:4月24日 著者:諫山創
白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 異邦の騎士と銀翼の黒竜 (一迅社文庫アイリス)感想
前巻では後ろ向きだった澄白が、自分の意思をしっかり持つようになったのが良かった。新たに登場してした、竜の存在を憎んでるヴェルミリオンやフェッダ族の面々がこれからどう話に絡んでくるのか気になる。
読了日:4月23日 著者:永野水貴
親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)感想
親友の彼女を好きになってしまって・・・という感じで、読んでてすごく罪悪感を感じた。二人の仲を壊したくないと身を引こうとするけど、気持ちを抑えれなくて結果親友を裏切る事になってしまったけど実は親友も自分を裏切っていていてという感じでこいつら面倒くさい(笑)となった。三角関係物だったけどラストは爽やかで良かったです。
読了日:4月22日 著者:野村美月
蓮華鬼譚 宿命と恋の始まり (ビーズログ文庫)蓮華鬼譚 宿命と恋の始まり (ビーズログ文庫)感想
鬼や剣が出てくる和風奇譚物。大切な家族を皆殺しにされてからのスタートだったので暗くて重い話だった。復讐がメインだったので、恋愛要素は薄め。読み応えはあったけど、読み切りだとやっぱり物足りないなーと。あとラスト鳥羽が可哀想すぎて読んでて辛かったです。
読了日:4月20日 著者:瑞山いつき
妖精令嬢の恋のからさわぎ -宰相騎士は深淵をのぞく- (ビーズログ文庫)妖精令嬢の恋のからさわぎ -宰相騎士は深淵をのぞく- (ビーズログ文庫)感想
ヒロインすごい変だな!(笑)言動とかもぶっ飛んでるんだけど、言ってることやってることはしっかりしてるんだよね。ヒーローは彼で、色々こじらせててめんどくさいなーて感じだけど、好きな相手が自分の父親と結婚します!とか言い出したらそうなるかw とにかく勢いのある作品だったけど、続くのかな?
読了日:4月18日 著者:朝前みちる
ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)ようこそ黒椿屋へ! -根暗男子にフラれたんですけど- (ビーズログ文庫アリス)感想
イラスト担当のウダジョさん目当てで購入。表紙やモノクロも綺麗で大満足でした。ヒロインの胡桃ちゃん口が悪いし、結構暴走系でちょっと引いたけど根は素直で優しいから嫌いになれない。ヒーロー、まさかのお色気で妖怪を倒すとはw最初は胡桃を突き放そうとするけど、だんだん絆されていく終夜にニヤニヤ。あと銀太も胡桃に懐いて可愛いです。 胡桃が外面天使になってしまった理由が何かありそうなので、これから掘り下げられるといいな。
読了日:4月18日 著者:妙見さゆり
闇の皇太子 奈落の煌星 (ビーズログ文庫アリス)闇の皇太子 奈落の煌星 (ビーズログ文庫アリス)感想
アリス文庫から出直し+ここから読んでも大丈夫!という事だったので手に取ってみました。本自体は薄いんだけど、登場人物がかなり多かったのでなかなか読み進められませんでした。新章スタートという感じでここから読んでも問題はなかったけど、前のエピソードがわからないと読んでてモヤモヤしてしまいますね。結構BL(本編でも若干ネタになってたけどw)が強めだったけど、愛され主人公物は好きなのでシリーズを初めから読んでみたいです。
読了日:4月18日 著者:金沢有倖
かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)感想
オレンジ文庫で村山さんの作品が読めるとは!かなりや荘の住人がみんな暖かくてほっこりしました。茜音ちゃんとみんなで幸福に向かって未来へ歩んでいくそんな物語。シリーズ化という事で続きも楽しみです。
読了日:4月18日 著者:村山早紀
マルタ・サギーは探偵ですか? (2)  ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫)マルタ・サギーは探偵ですか? (2) ~名探偵と助手と犬・春から秋までの事件簿~ (富士見L文庫)感想
ダメな奴!と口で言いつつ、周りのみんながマルタに世話を焼いていて本当に良い人ばかりでほっこりした気持ちになる。あとバーチ、マルタの事が好き過ぎだよねw新キャラの助手の世話焼きリッツやジョセフ犬も登場で賑やか
読了日:4月14日 著者:野梨原花南
異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵 (集英社オレンジ文庫)感想
千景も透磨もツンツンしてるし、素直じゃなしですごく読んでてじれじれするw千景に対して、「あなたの価値がわかる人間は、僕しかいないと思った」と言い切る透磨の自信が凄い。 他者と関わりたがらなかった千景が志津香に親しみを感じたり(屈折した焼きもちだったとしても)精神的にも成長してるなーと。
読了日:4月13日 著者:谷瑞恵
アドリア王国物語 誓いの剣と星に導かれし者 (角川ビーンズ文庫)アドリア王国物語 誓いの剣と星に導かれし者 (角川ビーンズ文庫)感想
ルース王子の、弟王子たちが出てきたけど第四王子がなかなか癖がありそうだなーと。バルトとエマ、正式に叙任され「聖杯」を探す旅もこれからという感じでなのでまだ続くのかな?派手さはないけど、設定とかが好みなので完結までちゃんと出ると良いな。
読了日:4月11日 著者:文野あかね
スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫)スキュラ&カリュブディス: 死の口吻 (新潮文庫)感想
ミステリー物のようで、読んでみると人外な存在が出てくる伝奇物という感じで不思議な話でした。設定が作り込まれてて面白かったけど、この一冊だけでは色々生かしきれてなくてもったいないなぁと。あと割と百合な内容でした。
読了日:4月10日 著者:相沢沙呼
アルバート家の令嬢は没落をご所望です (角川ビーンズ文庫)アルバート家の令嬢は没落をご所望です (角川ビーンズ文庫)感想
文章が軽いなと思ったけど、サクサク読めるしキャラクターたちの掛け合いが面白い。全力で没落へと突っ走るメアリーにえー!!となったけど、あくまで没落を最小限にしようとするためだったりして色々考えての行動だったんだと納得。前世の知識はあるけど、あくまで自分はメアリー・アルバートだと誇りを持っているのも良いなーと思いました。コメディがメインだけど、アディの気持ちにも気づいて欲しいな。
読了日:4月9日 著者:さき
二人だけの牢獄 (ソーニャ文庫)二人だけの牢獄 (ソーニャ文庫)感想
ヒロインの王女が、自分は為政者に向いてないと自覚しているのが良かったです。ヒーローの宰相も、ヒロインのその甘さや純粋さを愛して執着しているというのが良いなと思いました。あて馬の隣国の王子さまがなかなかの曲者で魅力的だったのでスピンオフとか出ないかな・・・・。ラストもハッピーエンドのようで、ちょっとしたきっかけで狂わされてしまいそうな歪んだエンディングだったなーと。
読了日:4月9日 著者:富樫聖夜
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師たちの未来図 (角川ビーンズ文庫)感想
みんなそれぞれ幸せそうで良かったです。ヒューの病死の真相にびっくりしたり、完結巻では語られなかったエピソードが補足されてて満足でした。 周りの仲間たちに祝福された、アンとシャル結婚式は二人らしくて良かった!
読了日:4月9日 著者:三川みり
なかよし60周年記念版 カードキャプターさくら(1) (KCDX)なかよし60周年記念版 カードキャプターさくら(1) (KCDX)感想
ラストまで単行本で読んだことあるんだけど、表紙にひかれて購入。 女の子が大好きな要素がぎゅーと詰まっていて、大人になった今でも読んでてワクワクします。桜ちゃん、天真爛漫で可愛い。
読了日:4月2日 著者:CLAMP
シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)シンデレラ伯爵家の靴箱館 仮面の乙女は真を歌う (ビーズログ文庫)感想
アランさん、相変わらず妹の手のひらで踊らされているwエデルをザリガニのようだと褒めていてやっぱりズレてるアランだったけど最後は格好よくプロポーズをしてて読んでる方もやったー!!となりました。両想いになった二人だったけど、問題が山積みなのでどう乗り越えていくのかな。
読了日:4月2日 著者:仲村つばき
白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)白竜の花嫁 紅の忌み姫と天の覇者 (一迅社文庫アイリス)感想
やっぱりシリーズ追いかけようかしらという事で再読。「忌み姫」と呼ばれてた境遇からやや後ろ向きな子だったけど、シュトラールと接する事で自分の意思を持つようになったのが良かった。改め読んでみると、辰彌に恋してたのではなく仲間はずれにされたくなくて依存してたんだ、というのに納得。まだお互い探りながらだけど、徐々に距離が近づいてるので恋愛面も期待。
読了日:4月1日 著者:永野水貴
シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精王 (角川ビーンズ文庫)感想
アンが諦めずに頑張った結果がこのすてきな結末に繋がったんだなーと。歴史には残らなかったみたいだけど、幸福なお伽噺として後世には伝わっていてほっこり。リアルタイムで追いかけていた作品だったので完結にじーんとなりました。
読了日:4月1日 著者:三川みり

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 16:34 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/410-6264be40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。