ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち/村山 早紀  

老後、風早の町に移住したい・・・

かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)かなりや荘浪漫 廃園の鳥たち (集英社オレンジ文庫)
(2015/03/20)
村山 早紀

商品詳細を見る

雪のクリスマスイブ。母親が失踪し家を追い出された茜音は、天使のような少女の導きによって古い洋館アパート「かなりや荘」に招き入れられる。そこには心の片隅にさびしい廃園を抱えた人々と、道半ばにして亡くなった天才漫画家の幽霊・玲司がひっそりと暮らしていて…。古アパートを舞台に、歌を忘れたかなりや達が繰り広げる、優しく力強い回復と救済の物語。


オレンジ文庫で村山さんの作品を読めるとは思ってなかったので、新作とても楽しみにしてました。

主人公の茜音はクリスマスの日に、唯一の身内である母親がどこかへいなくなってしまって住むところもなくなってしまうんですが、彼女自体が前向きでいなくなってしまった母親に対しても仕方ないね、と苦笑してしまえる子なので不幸という感じがしませんでした。このことがきっかけで、かなりや荘に住むことになったんだしむしろ結果オーライかも?いきなりいなくなったお母さんも悪い大人な訳ではく繊細な人故にだったみたいだし・・・

かなりあ荘の住人や親友のユリカもみんな優しくて、読んでて胸がほっこりしました。かなりあ荘の住人たちはどこか胸に傷を抱えてそうなので、茜音と一緒にこれから幸せになっていって欲しいなーと。茜音が大好きだった漫画家の紅林さん(幽霊)も彼女の良き理解者であり漫画家の師匠になってくれるんだろうな、と思うけど彼が亡くならなかったらきっと二人が会う事はなかったんだろうなーと思うと切ないですね。

あとがきによるとシリーズ化が決まっているそうなので、続きも楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 17:46 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/406-43b5954c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター