ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「大正×対称アリスepisode1 」プレー感想  

大正×対称アリスepisode1 通常版大正×対称アリスepisode1 通常版
(2015/02/20)
Windows

商品詳細を見る

【ストーリー】
鏡を通り抜けたら、そこは全てがあべこべな世界でした―――
貴方は気がつくと、真っ黒な世界をさ迷っていました。
貴方には記憶がありません。自分が何者なのかも、名前すらも分かりません。
真っ黒な世界は貴方以外誰一人としておらず、貴方は不安と淋しさで胸がいっぱいになります。
そんな時、貴方は一人の少年と出会います。
輝く金色の髪に美しい碧眼を持つ少年の名は「アリス」。
「アリス」は貴方を見るなり、貴方を「ありす」と呼びます。
どうやら、彼も記憶を失っており、「アリス」という名前以外何も思い出せないようです。
困った貴方は、嫌がる「アリス」を連れ、再び世界をさ迷います。
やがて、貴方とアリスは水晶で出来た大きな大きな鏡を見つけます。
鏡の中は、和と洋が混じり合った不思議な世界で、貴方は懐かしさを覚えます。
そうして、貴方とアリスが鏡を覗き込んでいると、通り抜けて鏡の国へと入り込んでしまいます。
鏡の国では、性別が逆転した童話のキャラクターが貴方を『ヒロイン』として迎えます。
鏡の国で各童話の『ヒロイン』となった貴方は、ちょっぴり不思議で歪な物語を、
ちょっぴり歪んだ童話の主人公たちと紡ぐことになります。

果たして、この物語の行く末はどうなってしまうのでしょう?



PCゲームという事で(あと分割商法だし)スルーしてたんですが、ライターさんが「死神の少女」(他にもタクヨーさんの作品を担当されてたみたい)の藤元さんだ、という事をいつも日参させて頂いているブログさんで知って即ポチりました。勢い余って2本も買っていて(特典目当てとかでなく)本当に自分が謎・・・

では感想は追記から
ネタバレ注意です
☆総評7点(10点満点中)

悪くはないけど、特別良くもないかなーという感じ。きちんと童話の設定をいかしたシナリオだったんだけど、今のところ童話モチーフの作品だなふーん(鏡の国が舞台なので、設定が対称になってておかしな事になってるけど)という感想しかないです。まだepisode1という事もありますが、世界観が良くわからない。タイトルに大正とあるけれど、あまりハイカラ感がないし現代ような昔なような世界観が全然わからない。あと猟師という職業ってなんなんだ・・・・

序章以降、完全個別でキャラクターがルートによって立ち位置が違ったり、出てこなかったりするのは面白いな、と思いました。魔法使いとアリスは立ち位置が違いますが、どのルートにも登場してくるみたいなので(発売もラストに近いし)真相に近いキャラクターなんだなーと。
作中、字の文章が「~です、~ます」の語り口調なのでちょっと癖がある文章なのかなぁと。気になる人は気になってしまう気がしました。あとはヒロインのありすは頭が良くて、賢い感じなんですが隙があんまりないので結構可愛げはない子だとは思います(笑)おちゃらけた子のようですが、実は誰よりも一枚も二枚な気がするしちょっと得体のしれないヒロインだなぁと。英語が得意なのか、会話にちょいちょい英語を挟めて話してくるのが気になったり。

ヒロインが王子様を救っていく物語という感じでした。とある物語りをハッピーエンドな結末に書き換えるという感じかな。
シンデレラ→繊細というか豆腐メンタルだなーと思った。ヒロインを利用するために近づいたんだ!という感じだったんですがありすは全部お見通しですよ的な。たぶん彼は、百合花の手のひらでころころころがされていくんでしょう。シンデレラの童話がモチーフになってて、良い感じに対称になってて面白いなと思いました。
赤ずきん→こっちも実はヒロインを騙してましたというパターンだったけど、ヒロインサイドが全部しくんで赤ずきんを騙すために(彼のトラウマを克服するためではあったけど、そのトラウマもそんなに引きずることなのとは思った)演技してました的なオチで大変しらけてしまったんですが、赤ずきんが可愛いかったので許す。ピュアで本当に萌えた(実はリアル狼だったんですが、耳がまた可愛い)あとおおかみと百合花のコンビがなかなか良い。あとラストまで攻略は出来ないけど、アリスくんも気に入っています。皮肉屋なんだけど百合花と相性は良さげだなーと(君はバカだな!とか言ってたけど)
BADもあるんですが、魔法使いさんに「君は選択を誤ってしまったから、セーブしたところからやり直そう」的な事をいわれてあっさり終わってしまうので物足りないんですが、セリフ自体は意味深げかな・・・と。あと物語がハッピーエンドを迎えるのを見守っているというか
完全個別ではあるんですが、1日でコンプ出来なくもなさそうだったのでボリューム的には少なめだとは思います。あまり長いゲームは得意ではないので自分は丁度良かったし、値段的には妥当なのではないかと(全部そろえればフルプライスより高めにはなるけども 笑)

スチルは綺麗だったけど、枚数がかなり少なかったかなぁと。めろさんは結構少女小説のイラストを担当されてたと思うし、作品にはすごくあっていると思います。あとBGMはlove solfegeで、OPとEDも世界観にあってて良かった。というか、たぶん「死神と少女」の製作陣と結構かぶってる?
あと気になったのは、プレー中フルスクリーンになってしまうのがちょっとつらいなーと。うちのPCにはちと荷が重い(笑)

個人的に、この作品は分割商法とかにしたいで1本で発売して欲しかったなー。って事で、真相まで一気にプレーしてしまいたい。5月にepisode2が発売されますがラストのエピローグが出るまで積んで置くことにします、今回プレーしちゃったのは失敗だった(モニター応募だったので仕方ないんですけどね)。エピローグ発売は11月予定なのでプレーするのはかなり先になりそうですが、ラストまでプレーして評価が変わるといいなぁ。
スポンサーサイト

Posted on 16:48 [edit]

category: 他のブランド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/393-881b8a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。