ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人/榛名 しおり  


女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人 (講談社X文庫ホワイトハート)女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人 (講談社X文庫ホワイトハート)
(2015/03/04)
榛名 しおり、池上 紗京 他

商品詳細を見る

トスカーナの伯爵家に生まれ、何不自由なく暮らしていたマティルダ。しかし父の死を契機に運命は変わり始める。度重なる身内の不幸、襲いかかる苛酷な現実。絶望にうちひしがれそうになるとき、彼女を救ってくれたのは、いつも修道士イルデブランドだった。幼き日の初恋は、やがて揺るがぬ想いに深化する。


伯爵家の「末の姫様」として甘やかされて育てられてきた少女が、父や姉、兄を亡くし、誰かに守られることを選ばず自ら女伯爵なり前に進んでいくマティルダがとても凛々しくて格好良かったです。

少女小説とは思えないほど、過酷な目にヒロインがあうので読むのがなかなかつらいんですがその境遇に負けずに立ち向かっていく姿がとてもいい。それにしてもマリア、とかを思い出させるようなハードさだったな・・・ヒゲ公爵ゆるさない
あと教会が出てきますが、時代が時代なので欲にまみれてる感が面白かったです。

イルデブランドとマティルダの関係は、家族でもあり盟友という感じでお互い信頼し合っているというのがとても良かった。お互いの立場上、結ばれることはけしてないんだろうけどマティルダは最後のさいごまで彼の味方であり続けたんだろうなぁ。ラストは皇帝の謝罪を受け入れてやるか的なとこで終わって、え?ここで終わり感があったんですが史実ではこの後皇帝側の勢力が増していってグレゴリウス7世は憤死してしまうらしので、おれたちの戦いはこれからだ!な終わり方で良かったのかも。

今回は初期作品っぽい路線でなかなかハードだったんですが、とても読み応えがありました!新作も楽しみにしてます。
スポンサーサイト

Posted on 23:37 [edit]

category: Xホワイトハート文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/392-58cb0dad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター