ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

王宮呪い師の最悪な求婚/宮野 美嘉  

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)
(2015/01/27)
宮野 美嘉

商品詳細を見る

王宮仕えの呪い師になったエレインの任務は、天才・変人・無表情で有名なラキスヴァデリの補佐。性格は最悪だけど特別な才能を持つラキス。いつか彼を踏み台にして出世しようと決意するエレインだが、ラキスは「エレインは抜けていて、かわいいね」と暴言気味に告げてくる。そんな彼の言葉が、なぜか最近は甘い口説き文句に聞こえるようになって動揺するエレイン。だがある日「愛する人の記憶を奪う」蛇が出現して…!?すれ違いピュア・ラブロマンス!


宮野さんはたぶんデビュー作から全部読んでるんですが、内容がブラックじゃなくてラブコメですごく新鮮でした!
エレインの妹の真相は重めだったけど、とても明るい雰囲気な作品だったな、と。あと誰も病んでなかった!

不思議系なヒーローと鈍感なヒロインの会話が微妙にかみ合ってないのが面白かったです。ラキスヴァデリは口説いているつもりでもセリフが「ゴキブリになっても、エレインは可愛いよ」だったりするので、こいつを踏み台にして出世してやる!と思っているエレインにしたら馬鹿にしてんのか!ってなるのはわかるwいや、でもエレインへの好意はダダもれだったので早く気付いてあげて!感はありましたけど(笑)

呪詛にかかってしまったエレインを守ろうとしたラキスヴァデリに反抗して、「王子様に守られて震えて、泣いている女が好きなんですか?趣味悪いですね」と言い放ったエレインが格好良かったです。あと好きな相手に、私の踏み台と言い放つエレインが素敵でした。

まぁなかなかかみ合わない2人ですが、周りの面々はラキスヴァデリのエレインへの好意に気づいていてハラハラ見守ってる感じだったんですが、もれなく読者の自分も一緒になって応援してる気分になりました(笑)
スポンサーサイト

Posted on 22:51 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/391-83c36135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター