ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スイーツをめぐる冒険―聖鐘の乙女/本宮 ことは  

このシリーズ、キャラクターが魅力的だったのでマルチエンディングも見たかったなぁ・・・
サリアン様とかサリアン様とか(笑)
スイーツをめぐる冒険―聖鐘の乙女 (一迅社文庫アイリス)スイーツをめぐる冒険―聖鐘の乙女 (一迅社文庫アイリス)
(2014/12/20)
本宮 ことは

商品詳細を見る

ロウエン王国を揺るがせた事件から数年。故郷で羊の世話をして平和に過ごすアティーシャに届けられた一通の手紙。それは、親友からの結婚式の招待状だった。ネイトと共に王都に向ったアティーシャを待っていたのは、大好きな仲間たちとの再会!―なのだけど、アティーシャが弟の振りをして男子音楽院に入学していたことは、秘密にしなければいけなくて…!?


本編完結後の後日談で幸せいっぱいな話で面白かったです!
タイトルも甘いけど、内容も甘かった!

ネイトさんがすごいデレてて、読んでるこっちが恥ずかしかったです(笑)愛しい鳥頭って(アティ)
しかもやきもち焼きで嫉妬深いみたいなので、面倒だな!(褒めてます)

マデリーンの結婚式がきっかけで、みんなに再会出来たけど「サディの姉のアティーシャ」として初めてまして!としかみんなの前に出れないというのが少し寂しかったです。あとサリアン様とはもう直接話も出来なさそうで切ない

サリアン様だけちょっと寂しそうで、彼にも幸せになって欲しいけど自分はサリアン派だったので、アティじゃないどこかの令嬢とくっ付いてしまうのもちと複雑(笑)
あと個人的にアティがルーリール座の歌姫になってたら嬉しいなぁーやっぱ彼女には唄ってもらいたい!あの後、カルラン先輩に熱烈に口説かれそう。

やっと最後、ネイトからアティにプロポーズしたのでちょっと二人の結婚式も読んでみたかったなぁ。
大団円で綺麗に完結してるので満足ですが、長いシリーズだったので寂しいですねぇ(アイリスで一番長かったんじゃないかな?)
サリアン様のその後も考えていて、何か形にしたいとあとがきで書かれているのでもしかして?と期待しています。
スポンサーサイト

Posted on 12:29 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/378-6a2c3b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター