ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

2014年まとめ(乙女ゲーム編)  

毎年恒例(?)のまとめ記事を書く季節になってしまいましたね。年々1年が過ぎるのが早くて目がうつろになりがちなんですが、あ、でもこの記事を書くのも今回で三回目になるんだなーとしみじみ。この調子で行けば、ブログ三周年の記事もかけそうな(気が早いけど、記念ネタが思いつかなくて困った 笑)

今年はコドリアでゲームを止めてたので、かなるゆとりをもってまとめ記事を書いてます(アップするのは年末の予定だけど、19日にこの記事を書いてます)ちなみに去年は24日にプレー感想を書いているのでけっこうギリギリまでプレーしてたんだなぁーと。まとめの記事も改めてみてみれば27日にあげているのか・・・・
元気があれば、新作の「戦場の円舞曲」もプレーしたいところですが最近プレー速度が遅いので来年で良いや・・・って事で。今までひとまず気になった新作は買って積んでましたが、特典CDは興味ない、最近では限定版も買うことが減ってきてるので(入ってるCD聞かないし)予約買いはしなくていいかなぁ・・・という感じになってきました。乙女ゲームって値下がりはあまりしないけど、基本値段が変わらないイメージがあるので特典に興味なくて積むなら今でなくてもいいよねー的な。積んだら逆にプレーしたくなくなったりしますしね。あと自分はコレクターなとこもあってコンプしたゲームは手元に残しておきたい派だったんですが、基本的に(移植されたのを買って、って再プレーは結構ある)再プレーってする事はないし、まだ割と乙女ゲームはPSPでもそこそこの値段で買い取ってくれるような気がするので、今の内に思い切って!これからはお気に入りなシリーズ以外はプレーしたら、手放してしまおうかなーと考えています。やっぱ手元にあってもプレーすることは少ないですからね、自分は特に。やっぱ長年、乙女ゲーマーをしてるとやっぱりプレースタイルとかも変わっていきますねぇ。

自分語りはこのぐらいにして、本題の今年のまとめに行きたいと思いますので、よろしければお付き合い下さいー

今年はかなりゆとりがあり、ひたすらゲームをプレーしてた記憶があったので結構な本数いってると思うんですよ。今年は読書よりもゲームな年になりました。

で、今年何プレーしたかしらー的なおさらい↓
(*は18禁作品)今回はプレーした順に並べてみました。
ソナーニルは乙女ゲームではないので、一番下に。
・Glass Heart Princess
・白華の檻 緋色の欠片4 四季の詩
・華アワセ 姫空木(PC)
・蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~
・忍び、恋うつつ
・新装版ハートの国のアリス~Wonderful Wonder World~
・十三支演義 偃月三国伝2
・OZMAFIA!!(PC)
・Tiny×MACHINEGUN THE GAME(PC)
・BAD MEDICINE -INFECTIOUS TEACHERS-(PC)
・女王蜂の王房 めのう編*(PC)
・女王蜂の王房 輝夜編*(PC)
・ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~
・ソラユメ
・あやかしごはん(PC)
・Binary Star
・幸の天秤 *(PC)
・熱血異能部活譚 Trigger Kiss
・Code:Realize ~創世の姫君~
・紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-


すべてコンプ済み(若干取りこぼしはあるのは許して欲しい)
今年は20本で、思ったより自分頑張ったな感がすごいですwひとまず積んでいたゲーム崩そうぜー!!新作もやっちゃおうぜー!!的だったのが良かったかも。
という事でこの中から、今年はこれだ!と思った作品を3作ピックアップ。



とくに、どれが一番とかは決めてません。

*ひとりあそび的ベストゲーム*
(一様、ネタバレ注意ですよ!)

■華アワセ 姫空木編(プロジェクト月華)感想
華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック)華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック)
(2014/02/26)
不明

商品詳細を見る

待ちに待った華アワセの二部作目!安定の安さと、安定の面白さを保ってくれて1年以上待ってよかったと思えたクォリティー。ボリュームはけして多くないけど若干増えてたし、キャラクターソング一新でかなり優秀な作品だと思う。
物語の起承転結の承の部分の作品で、次の唐紅/うつつ編への伏線がメインになってたので、メインなはずな姫があまり活躍できてないのは少し残念でした。あと安定の限界突破でしたね(エロが)
この姫編をプレーしていろはルートの仕組み(絶対物語の最初に戻ってしまう)を他の方の感想で気づいたぐらいなので、今回のカラクリくん的な要素ですでに理解出来なくなっているのでこれ以上複雑にされると話に置いていかれるかも(笑)
相変わらずOPはイントロでどん状態(CDではフルで聞ける)でいつになったら曲がちゃんと使用されるのが気になりつつ、3作目も期待してまっています。

■あやかしごはん(honeybee)感想

あやかしごはん 通常版あやかしごはん 通常版
(2014/08/29)
Windows

商品詳細を見る

カズアキさんが原画かーという事で買ってみた作品。プレーする前はごはんを通して、妖たちと打ち解けていくー的なほのぼの系な内容かと思ってたので良い意味で期待を裏切られた作品。ほのぼのしてる雰囲気に対して、メインテーマはとても重くて色々考えさせられる作品でした。なかなか真相はショッキングだなーと感じたりしましたが、ちょっと発売時期も悪かったかな(偶然が重なってって感じですけど)
どのルートにも上手く真相への伏線がはられていて続きが気になったし、とあるEDを見ると今まで見たEDなどが変化する仕掛けも良かった!
主人公の凛ちゃんの性格も選択肢によって変化するというのもなかなか面白いなーと思いました。たぶん活発な凛ちゃんの方がメインなのかな?とも思うけど、個人的に内気の方も好きです。
ごはんを食べる前の「おててぱっちん!いただきます」のセリフが大好き。公式でスチルの枚数は少なめなんです・・・と言ってますが、その分一枚一枚が綺麗で良かったです。

■Code:Realize ~創世の姫君~(オトメイト)感想
Code:Realize ~創世の姫君~Code:Realize ~創世の姫君~
(2014/11/27)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

オトメイト作品でとても期待してた作品。若干期待しすぎた感はありましたが、文句なしで良作だったと思います。が、相変わらずシステムがいまいちだなーと(章選択は便利だとは思う)
全体的にシリアスなんですが、主にインピーいじりで割とわいわいしてて、インピー(笑)的なノリが面白かったです。
キャラの背景とかを掘り下げたり、そのルートでの問題を解決するのがメインなので恋愛過程がやや物足りなく感じたのは残念。個人的にはトルゥーEDよりも悲恋だけどノーマルの方が作品にあってて好きだなー。すべて解決するというルートはほぼ無いんですが、自分はご都合主義にしなかったのは良かったなと。個人的にメインヒーローであるルパンルートが一番面白かったです。サブキャラではフィーニアスがすごく好きだったけど、あの結末しかないのは悲しかった(納得も出来たけど)あと梶さんがすごくハマり役だったと思う。OPが映画のようで、プレーするたびに観てしまいました。テーマソングとムービーのシンクロ度もバッチリで本当に良かったです。


という事でまとめ。
去年はオトメイトとブロッコリーしかプレーしてなくて、まとめを書いていて自分でもつまんねーという感じでしたが今年は結構色々なブランドをプレー出来たと思うのでかなりの充実感。やっぱりオトメイトが若干多いですねー、あと今年はブロッコリー作品を1本をプレーしてないのが意外だなーと思ったら今年は新作発売されてないのか(Debutはまだ積んでる)
今年の大きな動きは新型Vita発売と共にオトメイトが「新作はVitaで出します」宣言した事でしょうか。PSPが主流になってきた当時、ぎりぎりまでPS2で出して後から追加要素で移植祭りだったので自分はサクっとVitaに移行してくれたのは好意的に受け止めました。あと自分のPSP調子悪いので。他のブランドも新作などはVitaで発売されるなかブロッコリーはまだPSP展開を続ける(ASAS以降はVitaらしい)のにちょっと意外だなーと思ったけど、Vitaって自分が思っているほど浸透してないかも。若干システムがVitaの性能についていけてない感はあるけど、これは徐々にですね。スチルとかはVitaはやっぱり綺麗だけど。
最近乙女ゲームの市場が大きくなってきたからか、そこまで(好みの問題もあるけど)残念シナリオは無くなった(少なくなった)かなという感じ。昔に比べて作品の数もブランドも増えたしで、乙女ゲーマーさんたちの目も厳しくなってきているとも思いました。この調子で楽しめるゲームを作っていって欲しいです。
あと最近は、デフォルト名でプレーするとボイス付きで名前を呼んでくれる事が多くなったのでカップリング厨としては嬉しい限り。

今年は色々なブランドの作品をプレー出来たので、来年もこの調子で色々な作品をプレー出来たらいいな。

おまけで追記より、プレーしたゲームの一言感想を書いてみました。暇つぶしにでも読んでみてください。
(プレー感想は基本的に全部書いてるのでよろしければご一緒に。リンクはしてません)

・Glass Heart Princess
Glass Heart Princess (グラスハートプリンセス)(通常版)Glass Heart Princess (グラスハートプリンセス)(通常版)
(2012/12/20)
Sony PSP

商品詳細を見る

積んでたゲーム。なかなかのネタゲーだったけど、そのぶとっびシナリオが面白かった。個人的に執事が好きです。
OPとED曲はキャラソンだったんですが、癖になる曲調で好きだなー
移植されたらまたプレーしたい。なのでFDも同時収録でよろしく

・白華の檻 緋色の欠片4 四季の詩
白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩(通常版)白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩(通常版)
(2013/09/05)
Sony PSP

商品詳細を見る

アテルイ、智則を幸せに出来て非常に満足。その2人のルートで満足したので他はあんま覚えてない。
FDは早めにプレーするべきだな、と思った。

・蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~
蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~
(2014/02/20)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

まさかの移植でちょっとどうなんだろうか?と心配だった。結果、若干マイルド仕様だったけど作品の雰囲気そのままで良かったです。自分的にお姫さんの立ち絵が可愛くなってたので嬉しかった。

・忍び、恋うつつ
忍び、恋うつつ (通常版)忍び、恋うつつ (通常版)
(2014/01/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

パッケージにつられて購入。どれも似た話で正直イマイチだったけど、攻略制限かかっている組は良かった。
我来也さんがめちゃくちゃツボだったので、移植+αを購入するか迷う。が、主人公がまず苦手なんだなこれがー

・新装版ハートの国のアリス~Wonderful Wonder World~
新装版 ハートの国のアリス新装版 ハートの国のアリス
(2013/10/31)
Sony PSP

商品詳細を見る

今年あのボリュームのハトアリをコンプ出来たのは大きい。似たようなイベントを回収して周回するのはただしんどいけど、やはり真相は深い。完全ノベル式なのに140時間ほどかかってるという・・・
アニバーサリーの新装版なので、他のシリーズネタが出てくるのでちょいわかりづらい

・十三支演義 偃月三国伝2
十三支演義 偃月三国伝2 (通常版)十三支演義 偃月三国伝2 (通常版)
(2014/04/17)
Sony PSP

商品詳細を見る

続編という事でどうなるのかな?と思ったけど、期待通り面白かった!新キャラも良かったです。
相変わらずキャラが個性的なゲームだな、と。あと今思うとあんまり三国志感はなかったかな(笑)

・OZMAFIA!!
OZMAFIA!!OZMAFIA!!
(2013/06/28)
Windows

商品詳細を見る

真相ゲーム。物足りない部分もあったけど、声優さんなどが新鮮だったりさといさんのイラストを堪能出来て良かった。
来年移植されるそうで、おめでとう!

・Tiny×MACHINEGUN THE GAME
Tiny×MACHINEGUN THE GAME 通常版Tiny×MACHINEGUN THE GAME 通常版
(2013/05/30)
Windows

商品詳細を見る

シナリオは良かったが、ハマるかは別だよね。途中までパートボイスで、ちょっとボイスがわずらわしかった。
鈴達さんのキレッキレの演技はすばらしかったです。

・BAD MEDICINE -INFECTIOUS TEACHERS

BAD MEDICINEBAD MEDICINE
(2014/05/28)
高橋広樹、寺島拓篤 他

商品詳細を見る

先生達がなかなかゲスで面白かった。低価格の割りには楽しめた作品。
OP曲が好きすぎてCD買いました。

・女王蜂の王房 めのう編/輝夜編
女王蜂の王房 めのう編女王蜂の王房 めのう編
(2014/02/28)
Windows

商品詳細を見る

二部作で、いまだに何で買ってしまったのか解せない。久しぶりにシナリオが駄目だなと思った。
めのう編は主人公自体だめだったけど、輝夜編はわりと普通だった。
音楽面はすごくよかったという。

・ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~
ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~ (通常版)ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~ (通常版)
(2014/05/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

FDなんだけど割とボリュームがあった。
相変わらず、他のシリーズのネタがあってわかりずらい感はあったけど最後にさいごいに真相を突っ込んでくるのでやっぱ好き。

・ソラユメ

ソラユメ portableソラユメ portable
(2009/05/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

まだVita版の画像出てないのかい。PSP版はプレミア価格で泣きゲーだと言われていたので、ずっとプレーしたかった作品。なんだけど期待しすぎた感が・・・。綺麗にまとまってはいたけど、これで終わり?な話が多かった。全体的にふんわりしてたかな

・Binary Star

Binary StarBinary Star
(2014/09/04)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

久しぶりにRiRiさんキター!という事で楽しみにしてました。語尾が☆なキャラが格好良かったり、サブキャラが人気だったりするッス!メインキャラがなかなか格好悪くて面白かったです。

・幸の天秤

幸の天秤幸の天秤
(2014/10/31)
Windows

商品詳細を見る

ドロドロしてるという前評判と安かったので購入してみました。まぁドロドロはしてたけど、そこまでという感じ。
男達がちょっと詰めが甘くて、主人公に色々ばれているのが面白かったw

・熱血異能部活譚 Trigger Kiss

熱血異能部活譚 Trigger Kiss熱血異能部活譚 Trigger Kiss
(2014/10/02)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

目で楽しむゲームという感じで、一週目は楽しい。部活動がメインで恋愛がおまけだけど、高校生らしくて爽やかで逆に良かったかも。個人的に、主人公の双葉の性格がサバサバで良かった。

・紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-
紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-
(2014/02/27)
Sony PSP

商品詳細を見る

唯一の乙女ゲーム外。ずっとプレーしてみたかった作品でした。
選択肢がなくてずっと一本道だった気がする。もうここにはいない人たちの記憶を辿っていくという感じで、どこかもの悲しい雰囲気だったなーと。乙女ゲームではプレーした事ないような物語だったのも良かった。あとリリイ可愛い。


書き始めて、意外と終わらなくてちょっと書き始めた事を後悔した一言感想。
疲れたので、来年は追記の部分は書かないかもしれません(笑)
長くなってしまいましたが、ここまでお付き合いくださりありがとうございました!
スポンサーサイト

Posted on 12:10 [edit]

category: ゆく年くる年

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/365-dcf8be80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター