ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

マルタ・サギーは探偵ですか? (1) ~レド・ビァ事件~/野梨原 花南  

富士見L文庫で復刊するという事で、手にとってみました。
レーベルが廃刊してしまって、手に入りにくくなってしまっていた作品が復刊されるのは嬉しいですね。
マルタ・サギーは探偵ですか? (1) ~レド・ビァ事件~ (富士見L文庫)マルタ・サギーは探偵ですか? (1) ~レド・ビァ事件~ (富士見L文庫)
(2014/11/13)
野梨原 花南

商品詳細を見る

事件を強制的に終結"させるカードを手に入れた少年、マルタ・サギー。霧の街オスタスで「名探偵」として活躍する彼の最初の事件と、そして宿命の好敵手ドクトル・バーチとの出会いの顛末をここに記す――。


探偵物かと思ったら、ミステリー要素はないっぽい?というか「名探偵」のカードを使ってるので、推理してないしね(笑)
エルフとか異種族が出てくる世界観なのでファンタジー物でしょうか。
カードを発動される時の呪文が英語で格好良いな!

まだ1巻目なので世界観とか、人物があまりよくわからないんですがキャラたちの会話がゆるくて好きですねー
あと主人公の丸太は学校行くのもめんどくさいから辞めるという人生にさほどやる気がないタイプだったんだけど、オスタスに行きマルタになって大切な人が増えていってどんどん熱くなっていくのが良かったです。

これから順に復刊予定みたいなので、霧の街オスタスで始まった、マルタ・サギーの物語に期待しています。
2巻は年内には読める(12月刊)ので楽しみ!
今回復刊に合わせて改稿されたみたいですが、かなり読みやすくて良かったです。
スポンサーサイト

Posted on 17:43 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/361-c0da63e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター