ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

なりかわり: 華族家の秘めごと /丸木 文華  

なりかわり: 華族家の秘めごと (ティアラ文庫)なりかわり: 華族家の秘めごと (ティアラ文庫)
(2012/09/05)
丸木 文華

商品詳細を見る

華族家の当主と使用人―文子と正章の主従関係は、正章が伯爵家の血を引くと判明し逆転した。当主になりかわった彼はオスの本能に目覚め文子の身体を征服。「男」として生きてきた矜恃を汚すように、「女」としての官能を刻まれて…。絶望する文子に英国人青年の求婚が!駆け落ちする寸前、怪物じみた独占欲を剥き出しにした正章が現れ、文子を監禁。底知れぬ執着愛の果てとは!?


同じとこをぐるぐる、ぐるぐる、回り続けるのでした。
今回もドロドロかつ仄暗い雰囲気の時代物で面白かったです。

ヒーロー、ヒロイン共になんとSとMだった!おひいさんに踏まれたり、お馬にされたりして喜ぶヒーロポジなんて斬新だな!ヒロインも自分だけに変態的な欲望を向けられて優越感を感じちゃってたので、2人そろって変態だった。

前作の『義兄』のお兄様もそうだったけど、今回の正臣もめっちゃ狡猾だった・・・・。文子の気づかない内に何重もの罠を周りに張り巡らしてるし、すごい文子や他の人たちが手のひらの上で踊らされている感じがして、コエーとなりました。

乙女ゲーム思考で考えてみると、文子がBADENDまっしぐらな行動(選択肢)しか取らなくてワロタ。
正臣さん結構、一途な純情ボーイだと思うので、もっと素直な態度を取ってたら違う結末を迎えられたかもしれない・・・・というか文子かなりプライド高い+正臣が大嫌いだから無理だろうなwというか、丸木さんはBADEND系な話で輝くと思うしね。


自分的に前作が楽しめた方や、丸木さんがシナリオを担当されている「蝶の毒 華の鎖」(FDが12月に出る!)が好きな方にはオススメ!
またこんな雰囲気の話が読みたいなー
スポンサーサイト

Posted on 16:48 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/36-9082dcf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター