ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

BLANCA エディルフォーレの花嫁 /スイ  

読んだことのないWEB作家さんだったので、個人的に冒険。

BLANCA エディルフォーレの花嫁 (一迅社文庫アイリス)BLANCA エディルフォーレの花嫁 (一迅社文庫アイリス)
(2014/10/18)
スイ

商品詳細を見る

名前すら持たない奴隷の少女は、牢獄に囚われた青年軍人と出会う。彼の手で、光のあたる優しい世界へと連れ出された少女は、名前と、言葉と、愛情を与えられて、強く美しく成長していく。しかし、彼に抱く想いを恋だと知った時、彼女には大きな選択が待ちうけていた―。せつなさと優しさあふれる、彼女と彼の8年を綴るラブファンタジー。


奴隷で「名無し」だった少女が、リユンに拾われ「ブランカ(花)」という名前をもらい、暖かい人の愛情に包まれながら成長していく話でじんわりしました。拾われてから8年間のお話なので、ブランカがどんどん成長していってたのを見守っていた間が(笑)

最初は兄や父として愛していたリユンの事を異性と意識し始めるところは読んでてどきどきしました。好きで、好きでたまらないけれどこの関係を壊したくなくて、なかなか告げらない!というのがじれったかったです(リユンはずっと待ってたみたいですが 笑)自分的にはゼノンも優しい軍人さんに成長してくれたので、アリかな・・・と思ったけどブランカも一途だからねぇ。ゼノンにも優しいお嫁さんが見つかるといいね。

リユンの反対を押し切って、従軍看護婦になるために遠くの学校に行ったけどそこでの生活が過酷で精神的にボロボロになるんだけど、この日々をあいしていると言い切ったブランカは強いなーと思いました。その姿を知って「君の夢を、僕は応援しているよ」と「君を待ってる」と書いてある手紙をそっと置いていったリユンの姿にもじんわり・・・

さいごのさいご、思いが伝わってみんなに祝福されながらの結婚式は二人とも幸せそうでなにより。とてもきれいな物語だったし、純愛物で良かったです。自分的に、ブランカさん、りゆん、なやり取りが可愛らしくてお気に入りです。

今回の「BLANCA」がとても良かったので、他の作品も読んでみたいな。
スポンサーサイト

Posted on 18:10 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/358-2e84388a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。