ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

皇女アナスタシア 〜もう一つの物語〜/一原 みう  

久しぶりの凪さんイラストでした。やっぱドレスとかが華やかで好きだな~^^
皇女アナスタシア 〜もう一つの物語〜 (コバルト文庫)皇女アナスタシア 〜もう一つの物語〜 (コバルト文庫)
(2014/10/31)
一原 みう

商品詳細を見る

1920年―ベルリンで保護された記憶喪失の女性が、アナスタシアを名乗り始めた…!皇女アナスタシアは、革命政府に銃殺されたとされる皇帝一家の末娘。もし本物なら、莫大な財産を有するロマノフの正統な相続人である。彼女は本物か、偽物か!?世界的なセンセーションを巻き起こしたこの事件。皇女の幼なじみだったグレブは、真相を究明するためにドイツへ向かう。彼女の正体とは…?

(ロシアが題材な少女小説もっと増えて欲しい)
ニコライ2世一家といえば、革命で全員銃殺されてしまった悲劇の一族という感じですよね。そのアナスタシア皇女がヒロインという事でちょっとどんな展開になるのかなーと思いつつ、読み進めてみました。

一家が銃殺されて数年後、皇女の幼馴染グレブが皇女アナスタシアを名乗っているという女性に会いにドイツまで行き、会うまでの間に彼がアナスタシア皇女を中心にロシア帝政が崩壊して彼女と別れるまでを回想していく形で物語は進んでいきます。帯には「史実に隠されたミステリー」なんて書いてありますが、皇女が本物か偽者かはそこまでメインの話ではなかったです。
史実がメインなので恋愛がかなり薄かったんですが、話的には固めなので(情勢的にシリアスだし)自分的にはこのぐらいがベストだったかな、二人の再会の仕方もロマンスな感じだったし。

ラスプーチンは悪人としてのイメージが強かったんですが、この作品ではアナスタシアやアレクセイの事を本気で思いやってくれるし、(ドイツのスパイだったみたいだけど)良い人物に書かれていた新鮮でした。僧侶というよりも医者という感じで、怪しい力を使ってるようにみせかけて実は「心理学」や「睡眠療法」を行って痛みを和らげていたそう。こんなの根本的な解決にならないと言ったグレブに「患者の痛みを緩和するのも、医療だ」と言ったラスプーチンの言葉が印象に残りました。
皇后はヒステリックで妄信的にラスプーチンを信じていたのであまり良い印象はなかったけど、国民にはドイツ女と揶揄され唯一の皇太子は血友病だしで精神を病んでもしかたないのかなーと。ニコライ2世は家族思いで温和な性格だったみたいだけど、この時代には皇帝になるべきではなかった人だったみたいですね。
皇帝のために、ラスプーチンを殺したミーチャ(ニコライの従兄弟)たちだったけど結果今までラスプーチンに向かっていた怒りの矛先が全部皇帝一家に向かっていってしまってあの悲劇に繋がってしまったと思うとね・・・・

1冊にまとめるには少し長めの話だったからか(上下巻でもいいのよ・・・)最後が駆け足気味でサラっと終わってしまったのは若干物足りなかったんですが、最後の地「イパチェフの家」に入る直前に、アナスタシアだけでも助けようとした家族とマトリョーナ(ラスプーチンの娘で唯一架空の人物?)のやりとりにうるっとしました。アナスタシアをマトリョーナという事にして、彼女の無事や幸せを祈り、両親も2階の窓からその光景を見ていて、みんなに生きろと送り出されたシーンは一番好きなシーンです。

二十一世紀に入って、アナスタシア皇女の大規模なDNA鑑定が行われ、遺体が埋められた場所で発見された頭髪はアナスタシアの皇女と認められたそうです。この作品ではイパチェフの家に行く前に、マトリョーナはアナスタシアの髪を欲しがったので彼女にあたえたそう。
史実では悲劇の皇女だけど、物語の中では幸せな結末を迎えれられて良かったな(今知られている事すべてが真実ではないと思うので、もしかしたら・・・と)
スポンサーサイト

Posted on 16:12 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/356-abc95e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター