ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

Binary Star プレー感想  

黙っていたらイケメンなユン氏(ただしよく見ると安定のハトシャツ)
Binary StarBinary Star
(2014/09/04)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

7歳の頃、主人公が自宅のリビングで見たのは、
何者かの手によって死を迎えた、最愛の両親の姿だった。

【天遣】と呼ばれる者たちに保護された主人公は、
彼らに、両親の死の理由を問いかける。
幼い主人公に【天遣】は言った。

「おまえの両親は【ホシ】を売るもの……
【ディーラー】だったから殺されたんだ」

両親が、販売を許されない禁忌である
【ホシ】を売りさばく罪人だったという事実に、
主人公はひどく心を痛める。
そして、彼女は亡き両親の罪を償うことを
決意するのだった。

20歳になった主人公は、クラウドにある町の1つ
アカツキを守る【天遣】になる。

仲間たちとさまざまな任務に当たる中で、主人公が見たもの。
それは【ホシ】にまつわる、仲間たちの悲しい過去だった。

過去に縛られたままの彼らは、
はたして、その呪縛から解き放たれることができるのか――。


久しぶりRiRiさん、原画キター!!という事でBinary Star 楽しみにしてました。
届いて割りとすぐプレー開始したんですが、安定の早寝なのでコンプするのに時間がかかってしまったかなーという感じ。
ボリューム的にはさほどボリューミーではないので、サクサクいけると思いますよ。

で、RiRiさんの新作が出た流れで「L.G.S ~新説 封神演義~」も何か展開しませんかね?FDは最近あまり出なくなってしまったので、そんな贅沢は望まない・・・でもせめてVitaに追加要素ありで移植して欲しいな!LGSは特に展開もないまま動きがなくなってしまったのが(ドラマCDしか出てない)好きな作品だけに、本当に残念で。
あと個人的にまたSYK、LGSシリーズ(中国古典?)の新作がプレーしたいです。

という事で、追記より感想です。ネタバレ注意
今回「軌跡」システムが付いてたので、回収し忘れがあっても好きなチャプターからプレー出来たので便利でしたね!これにジャンプ機能が付いてたら最高だったのに!(まぁなくても困らない 笑)
自分は攻略サイトさまにお世話になってるのであまり確認はしませんでしたが、どのルートに入ったか、どこが分析点かすぐわかるというのが結構良いですよね^^今回は恋愛ルート、チームルートがあったからなおさら
☆7.8点(10点満点中)
うん、なんというか良い感じに中二な作品。大きい任務の時は「天上組織アカツキの天遣(てんし)ソラノ・フウ!」という感じに名乗りを上げるのが、すごくわくわくしましたw個人的に普段からオトメイト作品を好んでプレーしている方々は結構ハマる世界観なのではないかな(自分とかね)
キラキラした言葉になっているけど「ホシ=薬物」だし、主人公を含め攻略キャラたちはホシのせいで大切な者を失ったり、人生をぐちゃぐちゃにされたりしてるので話自体は重たいんだけど、意外とチームのメンバーとワイワイと騒いでいる部分も多いので雰囲気的にはとても明るかったし、ギャグも面白かったです(ユンのヨダレ顔な立ち絵があって笑った)個人的にみんなのリーダーナナさんを元気付けようと、みんなでパイ投げし始めたエピソードがお気に入りです。あとチカイルートのキャバクラ(バイナリでは夜会)の客に扮するナナさんのエロおやじな演技もなかなかお気に入り
てふったーという機能?(おまけ?)があって、本編中に更新されて本当にツイッターみたくキャラが会話してるのが何気にすごいなーと思ったり。

今回は公式のオススメ攻略順に、ユン→レイラ→ミクト→チカイ→隠し(ナナセ)の順にプレーしていったんですが少しずつ真相を知りたいという方はこの攻略順にプレーする事をオススメ。それぞれルート終盤に黒幕から「次はお前の番だ」と伏線がはられていて、すごく続きが気になるように作られていて良かったです。あと隠しのナナさんルートで(全員攻略後、開放?)物語の真相が一気に明かされるので、コンプする事が前提でプレーして欲しい!最後まで楽しんで欲しいという事なのかな?とどのキャラクターも魅力的だったけど、個人的にきゃはは☆なチカイ(28歳)が好きかな。大きな子供のようで、実はハイスペックでチカちゃんまじカッコいいッス!あとサブキャラではキャベツ頭なナチ(仮名)がお気に入り。あのキャベツのアバターには笑ったけどw(あとレイラも)ミクトは照れると口調が上から目線になるのが面白かったです。あと潜入のシュチュ(双子として高校に潜入)が個人的に美味しかった。レイラは~だし?みたいな口調が癖になるし櫻井ボイスが素敵。あとミチルの声が地味に癖になる。ユンは自分のルートでは暴走気味であんま活躍してる感がなかったけど、他のルートでは周りにいじられてたり、オープンスケベで周りにドン引きされてるのが面白かったですwメインヒーローなのに残念。あとピュアのおっさん(35歳)可愛かったw
主人公のフウちゃんは真面目過ぎるっところもあったけど、過去の事件に囚われずに自分の目標に真っ直ぐなのが良かった。あと髪もピンクで可愛い
フウちゃん包容力がハンパないので、結構カウンセリングゲーでもありました(笑)
今回「恋愛ルート」と「チームルート」の2つがあったんですが、個人的に「チームルート」よりも「狂愛ルート」が欲しかったなーって、、ナナさんルートが割りと「チームルート」っぽいノリだったし狂愛EDもあるんですが、恋愛ルートの途中が変化するだけで結構あっさりめだったので物足りなかったなぁと。
自分がプレーしていて絶対この中に裏切り者がいる!チカちゃんとナチらへんが怪しい・・・と勝手に盛り上がってたんですが、実際そんなこともなく・・・・(笑)実際、天遣側に裏切り者はいたんですけど、立ち絵も無いサブキャラだったのにはちょっとがっかりしました。我輩くん、あんなに謎めいてキャラ立ちしてるのに・・・・


あと今回結構スチルが多くてテンションが上がりました。恋愛EDのムービーにはラフだけど後日談のイラストがそれぞれ何枚か書き下ろしで使われてたし、コンプ後のおまけスチルも色々と何枚もあったのでRiRiさん、本当にお疲れ様でした!(敬礼!)RiRiさんの絵柄はやっぱり癖はあるけど、自分は好きなんですよね!今回、かなりカラフルな色合いだったけど、RiRiさんの絵柄とマッチしてて良かったです。チカイとかちょっと奇抜なキャラとかすごい相性がいいと思う、うん。
あとVita化になってからなのかバイナリーだけなのかわかんないんですが(RE:VICE[D]をプレーしてないので)、すごいEDムービーに入るのが自然だったんですよね。直前からBGMとして曲が流れ始めてそのままムービが始まる、ぶつ切りにならないようにしてるのが良かったです。


自分達のようにホシで人生を狂わされる子供をなくさなければならない、そのためにジロさんやナナさんの志を受け継いで、天上組織を変えていこう!という感じで終っているので「Binary Star」は始まりの物語なんではないかな、と思いました。天遣とディーラー(組織名を全部つなげるとBinary Starになって感動しました 笑)視点の話だったので、天上組織がどんな場所なんだかよくわからないんですよね(アダムとイヴという役職がある事と、その役職と唯一繋いでくれるのが神という存在(ジロさん))あと天界とか下界とかイマイチどんな世界観かがはっきりしてないというか・・・・
本編が「今から50年前」と話がスタートするので、もしかしたらそれが続編の伏線なのかしら?と期待しちゃったり。あとアカツキメンバーの過去は「ホシクズとディーラーは送らなければならない」「ホシクズを舐めた子供も安楽死」という救いもない決まりを変えるきっかけになったみたいだし、彼らが天遣になる事は必然的なことだったのではないかな、と。
天上に監視されてたり、嘘の真実を教えられてたりされていたのを知っても、みんな天遣であることを辞めずに前に進もうとする姿は格好良いなーと。あとみんなナナさんの事が大好きでほっこりしました^^

ボリュームも程よく、色々作りこまれてて個人的に良作だったな、と。
って事で続編はよ・・・という事で
スポンサーサイト

Posted on 16:18 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/347-9ebc64a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター