ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

浪漫邸へようこそ /深山 くのえ  

あきさんのイラスト、ルルル文庫じゃあまり見かけたことなかったので新鮮・・・!
洋風なイラストのイメージが強かったけど、大正なのもとても素敵^^

浪漫邸へようこそ (ルルル文庫)浪漫邸へようこそ (ルルル文庫)
(2014/08/26)
深山 くのえ

商品詳細を見る

大正初期。ある事情から、十六歳で家を背負うことになった貧乏子爵家の長女、紗子。偶然、危ないところを助けてくれた帝大生、伊織との出会いをきっかけに、紗子は子爵邸で秘密の下宿屋を始めることになる。早速集まったのは、帝大生と画家と本屋、それに作家と写真屋というなんとも個性的な人々で!?ワケあり子爵家ではじまった、賑やかで優しい同居生活とほのかな恋。美しく密やかに、乙女の恋は花開く―大正ロマン譚開幕!


安定の深山さん作品で面白かったです。
1話読みきり形式なので読みやすかったし、大正ロマンな雰囲気がとても好きだなー!

主人公の紗子は控えめなんだけど、芯が強くしっかりな子で好感がもてました。というか、親(借金作って行方不明)が残念過ぎるので、長女だし(弟、妹がいる)自分がしっかりするしかなかったとも言える。

生活のたしにしようとこっそり下宿を初めた菖蒲小路家でしたが、集まった下宿人が愉快な人たちでなかなか楽しそうです。あと女学校での友達である梨影もサバサバしてる子で良いですね。

お互いが一目ぼれみたいですが、2人には身分の差があり伊織ももう諦め気味なところがあるので、今回はお嬢様からぐいぐい迫っていくのかな?(そんなタイプに見えないけど)でもいざとなったら、周りがくっ付けてくれそう(笑)

という事で、2人の恋の行方が気になるし、もっとじっくり読みたいのでシリーズ化お願いしますよ!
スポンサーサイト

Posted on 20:37 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/342-fbc9ba95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。