ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

夢の宮 ~王の苑囿~/今野 緒雪  

夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/08/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

七歳の春、翔志は初めて鸞城に入った。しかし、それは家族との別れを意味するもので…。そうとは知らず『夢の宮』に案内された翔志は、四人の少年と対面する。彼らは、帰ろうとする翔志に「帰れない」と言い、「我々は、王への供物なのだ」と言う。事情もわからぬまま『夢の宮』での生活を強いられることになった翔志はある日、新たに仲間となりともに勉強するという少女・麗婀に恋をして…。


新装版かと思ったら新刊だった!
古き良き少女小説という感じで好きなシリーズ。

少年の成長物語りと言う感じで面白かったです。あと夢の宮がマジ寄宿学校でした。
登場人物も王様含めてみんな良い人で、とても平和そうだなーと

自分的に鸞王家の家系図がややこしくて、お、おう・・・となったり(という事で、あまり深く考えないで読む事にしましたw)
あと最後のさいごに王子が良い男ぶりを発揮していてなんか読んでて切なかったです。自分的には狗正王子と麗婀の物語が良かったかなぁーなんて(コソッ
翔志と麗婀の恋はなんか純愛な感じはしなかったかな、何と言うか巫女(宣託)の力によってくっ付けさせられたという感じがしたので。


これからも、新装版と新刊を交互にちょこちょこ出して欲しいなぁー。
スポンサーサイト

Posted on 11:42 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/34-2c04bc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター