ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱/高殿円  

シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱
(2014/07/24)
高殿円

商品詳細を見る

2012年、オリンピック開催に沸くロンドン。アフガン帰りの軍医ジョー・ワトソンは、早々に除隊したものの、物価の高さと仕事のなさに鬱々としていた。このままでは路頭に迷ってしまう。そんな折、友人ミカーラからフラットシェアをすすめられた。シェアの相手はシャーリー・ホームズ。ちょっと変わった女性だという。だが、実際に会ったシャーリーは、ちょっとどころではなく変わっていた。乗馬服に身を包んだ清楚な美貌、人工心臓を抱えた薬漬けの身体、初対面で経歴を言い当てる鋭い観察眼、死体置き場で寝起きする図太い神経。なにより驚いたのは、彼女が頭脳と電脳を駆使して英国の危機に立ち向かう、世界唯一の顧問探偵であることだった。ベイカー街221bで同居を始めてまもなく、ヤードの女刑事グロリア・レストレードが訪ねてきた。死体がピンク色に染まる中毒死が続発しているらしい。いまだ無職のジョーはシャーリーに連れられて調査に赴く。それは二人がコンビを組む、初めての事件だった。


同人誌(ディオゲネスクラブ収録)やどうしても読みたくて「ミステリマガジン」を買って読んだりしてたので、書籍化は嬉しかったです!装丁も綺麗だし、雪広うたこさんのイラストも使われててとても良かった!

自分はミステリー物があまり好きでないので(考えるのが嫌い)ホームズとか読んだ事はないんですが、オリジナル要素が強い作品だしキャラクターが魅力的ですごく面白かったです。というかホームズさんやワトソンさんは女だし、ミセス・ハドソンは電脳家政婦でSF要素もあるし、まず現代が舞台ですしねー。でも原作のホームズシリーズを知ってたらもっともふもふして読めたんだろうなー、読んでても全然知らないので何が原作と同じなのがよくわからないのでね・・・・個人的に、ジョー(副業でハーレクインを書いている)がシャーリーが解決した事件を題材にして、シャリーとジョーの性別を男にして作品を書く!ていうのがなるほど・・・wっとなりました。

一様「緋色の憂鬱」(凶器がタンポンだったから)は決着してるんですが、ジョーはただの軍医じゃなかったみたいだし、過去を振り返ってるような語り口調だし、色々と伏線はられている(バスカヴィル家の狗という事件もあったみたいだし)のでぜひシリーズ化して欲しいなー。
スポンサーサイト

Posted on 16:44 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/336-28dcd08d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター