ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

ミレニアムの翼 ~320階の守護者と三人の家出人~ /縞田 理理  

前から、高いな・・・と思ってたウィングス文庫。今回900円近くしてさすがにファッ・・!!っとなったんですが、若干カラーイラストが多かったのね

ミレニアムの翼 ~320階の守護者と三人の家出人~ (3) (ウィングス文庫)ミレニアムの翼 ~320階の守護者と三人の家出人~ (3) (ウィングス文庫)
(2014/07/09)
縞田 理理

商品詳細を見る

発明卿殺害の真犯人ケイシーの来襲を阻止するため、時間跳躍の“錘”となるナッシュの身を遠い北の地に移したサイラスたち。だがその甲斐なく、また新たに一人、発明卿が殺されてしまう。逃げ隠れしているだけでは駄目だ。そう痛感した一行は“塔”に戻り、ケイシーを迎え撃つ作戦に出るが…?サイラスたちは無事ナッシュを、塔を救うことができるのか!?


最後まで仲良しファミリーなハーフナイトさん家。

3巻でという事で、色々(ケイシー、王宮)と解決するのかなーという感じだったんですが、それぞれ自分の持っている能力を生かして彼ららしい結末を迎えられて良かったとおもいます!ラモーナも今まで忘れてしまっていた皇太子夫妻の事を思い出せたし、王女として色々成長したなーと

大団円やったね!と思ったら、最後のサイラスの正体にえっ!とびっくり
伏線はられてたみたいだけど全然気付かなかったw最後までなんか格好良かったサイラスさんでした。
スポンサーサイト

Posted on 10:04 [edit]

category: ウィングス・ノヴェル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/327-c6f45837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター