ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯/糸森 環  

花神遊戯伝は久しぶりですね!
鳴海ゆきさんのイラストも素敵でテンション上がりました。
花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 あさき夢見し、かぐやの戯 (角川ビーンズ文庫)
(2014/06/28)
糸森 環

商品詳細を見る

もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―神力をもって復活し、大好きな暴君・胡汀との再会を果たした知夏。一方、都では悪鬼や疫神がはびこり、荒廃が進む。そんななか、護剣士『緋剣』の一人、伊織の救出に向かうことに。だが、知夏達の前に『緋剣』の朝火が立ちはだかる。引き裂かれる絆、そして、敵対する帝・司義が仕掛けた恐るべき罠が!?


どんどん話が進んでいってるので、もう少しで終りそうだなーと思ったら次回で完結みたいです。
なるほど、だから胡汀デレデレだったのね<●><●>カッ
でも内容的にあと1冊で終れるんだろうか?とも思いますが・・・・

クライマックス直前だからか、色々詰まってて最後までハラハラでした。
どんなに足掻いても絶望ばかりだし、大切な者はどんどん失っていくしで読んでて辛かった。
緋宮の絶対的味方でなければならない緋剣はばらばらなのも悲しいなー。煮え切らない未不嶺さんにはいい加減、腹を決めて欲しい物です・・・・・あと白雨さんはどうなるのかな。あと安定のめんどくさい感じの朝火さんでした。

国よりも自分の事ばかり考える帝と、みんなの幸せを願う知夏とは絶対相容れないんでしょうね。たぶん帝と緋宮どちらか倒れるまで終らないんだろうなーと。
今回、知夏の「強くなったんじゃない。みんなが、わたしを強くしてくれた」のセリフがすごく印象に残りました。こんな事を言えるなんて、本当に強くなったね!
どんな結末か想像できないけど、少しでも知夏にとって蒸槻が優しい国になればいいな、と。
最終巻は秋の予定みたいなので楽しみに待ってます。
あ、そういえば椰真ちゃんどこいった!
スポンサーサイト

Posted on 10:08 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/321-baa6abf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター