ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱/清家 未森  

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)
(2014/05/31)
清家 未森

商品詳細を見る

幼いリヒャルトと第五師団団長ジャックがかわした約束を描いた「身代わり伯爵と遠い日の約束」や、ミレーユの計らいで実現した、リヒャルトとキリル兄弟の絆を描く「身代わり伯爵とはじまりの旋律」をはじめ、ミレーユの第五師団時代の奮闘を描く「身代わり伯爵と開かずの間の謎」、シルフレイアの結婚を描いた表題作「身代わり伯爵といばら姫の憂鬱」など、超豪華書き下ろし100ページ以上!ファン必読、珠玉の短編集!!


久しぶりの短編集でした。
色々な時系列の話が載ってたので読んでてちょっと混乱したんですが、ミシェル時代の話とかも収録されていて懐かしかったです。

個人的にはリヒャルトと、セシリアやキリルたちのやりとりにほっこりしました。国の事情で一緒には暮らせないけど、お互いの幸せを願っているというのが良かった。

あとは表題にもなっている「いばら姫の憂鬱」はシリーズ第2巻の話で、話の裏側ではこんな感じだったのね、と。シルフレイアはいつカインを好きになったんだろうと思っていたので、掘り下げられて良かったです。カインもただ猫をくっつけているキャラではなかったんだね!!あとマットの宿主殿の正体にじんわり・・・・
無事にシルフレイアとカインも結婚式を迎えられたみたいなので、お幸せに!

セシリア様の思いは報われるのかなーと思いつつ、本編はシリアス真っ最中なので早く続き読みたいなー
スポンサーサイト

Posted on 14:07 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/308-e5c1466a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。