ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

5月のまとめ  

今日から6月とか!この前にソナーニルの記事を書いたんですが、なかなか書けなくて疲れた。

今月はあんまり読書が進まない月でしたねー。今新しい仕事でヘトヘトなのであまり活字を読む元気がなく、ゲームかコミックの方を読んだりしてます。あと相変わらずアプリゲームをちまちま進めたりで、ときレスの薔薇クエ延長してくれたのでなんとか全部達成出来ました。あとはあと1つぐらい薔薇の置くヤツ欲しい。BFはマラソン→マラソンときて次は守って!が来たのでヘトヘトなんですが、周くんのために頑張りたいと思います。

今月は7冊読みました。び、微妙

(仮)花嫁は安定のラブコメ、茨姫はブラックな感じで2冊とも面白かったです。
今月は買う新刊が多いので、もう少し活字を読むようにしたい。


最近色々コミックを買っているんですが、特に「薔薇王の葬列」と「年下彼氏の恋愛管理癖」が面白かったです。
・薔薇王の~方は、薔薇戦争が題材となっている歴史物(シェークスピアの史劇が元になってるらしい)なんですがオリジナル要素も強いそうなのでこれからどんな展開になるか楽しみです。で、一番ビックリしたのは「オトメン」(読んだことはないんですが・・・)の作者さんだったという事。全然作品の雰囲気違うじゃない・・・・
・年下彼氏~はBLなんですが、ツイッターで見かけ気になったので購入。何かすごく萌えてうわー!!となりました。あとキャラクターの照れてくしゃっと笑う表情が良い。7月に発売される2巻も楽しみです。

もうなんでもありなブログになってますが、管理人共々これからもよろしくお願いします。

では下から読書メーターのまとめです


2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1880ページ
ナイス数:65ナイス

荊姫と嘘吐きな求愛 (小学館ルルル文庫 み 4-11)荊姫と嘘吐きな求愛 (小学館ルルル文庫 み 4-11)感想
ヒロインのアイリーンが強くて優しい主人公だったのが、何か新鮮でした。その分ヒーローであるヴィルが捻くれてたんですが、お互いに足りない物を補っているという感じで良かったと思います。個人的に面白かったので、シリーズ化して欲しいなぁ。
読了日:5月26日 著者:宮野美嘉
禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で (シフォン文庫)禁じられた戯れ 王太子の指は乙女を淫らに奏で (シフォン文庫)感想
罪は自分ひとりで背負い込んでいく・・・というスタイルは良かったけど、ヒロインの夫が狂ったり、戦のきっかけも兄妹が関係を持ってしまった事が原因だと思うので、少しぐらい反省して下さい(笑) TL描写の合間に、シリアスなエピソードが挟まってて戸惑ったけど、ストーリーはしっかりしてて読み応えがあって良かったです。
読了日:5月24日 著者:あまおう紅
初恋相手は前世で聖女! ~エヒト・サーガ~ (ビーズログ文庫)初恋相手は前世で聖女! ~エヒト・サーガ~ (ビーズログ文庫)感想
フィン視点の後日談で、本当にミアの事好き過ぎるだろ…!とたりましたw
後ろ向きな犯人に対して、悩んでる暇があったら前に進みなさい!と言うミアが良かったです。魔王関係もきちんと決着ついたみたいで、めでたしめでたし。
読了日:5月22日 著者:瑞山いつき
かぎろひさやか 常磐 (ルルル文庫)かぎろひさやか 常磐 (ルルル文庫)感想
うーん、全体的に薄くて印象に残らなかったシリーズでした。奈良時代が舞台の作品って、少ないので色々もったいなかったなーと
読了日:5月19日 著者:深山くのえ
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の誓いは教会で!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の誓いは教会で!?~ (ビーズログ文庫)感想
クロウに避けられているのは、自分の酒癖の悪さのせいだとパニックになってたフェルが面白かったwどんなにクロウに冷たくされても、地獄までついていってやる!っと言い切ったフェルが素敵だったなー。最初は嫌われて離婚してくる話だったのが、国や宗教も絡んできたのでこれからどうなっていくのかな・・・
読了日:5月19日 著者:夕鷺かのう
帝都探偵 謎解け乙女 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)帝都探偵 謎解け乙女 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
何かミステリーとして出来すぎてたなーと思ったら、全部やらせだったとはwあとまさかお嬢様も仕掛け人サイドだったとは思わなかった!お嬢様、結構寛太に任せっきりだなーと思ったけど、事故で両手を無くしてたからなんだね…
読了日:5月17日 著者:伽古屋圭市
八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫)八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。 (コバルト文庫)感想
ベリーカルテットと同じ世界観で、読んでてニヤりとしました。謎解きというより、精神的に犯人を追い詰めていく感じだったかな。マイアの幸せになるために何でもやってやる!的なところが良かったです。
読了日:5月7日 著者:青木祐子

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 17:50 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/305-2426868d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター