ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

荊姫と嘘吐きな求愛/宮野美嘉  

少女小説の感想が増えてきたので、レーベルごとに分けようかなーと思ったんですが面倒だったのでその内って事で・・・(笑)


荊姫と嘘吐きな求愛 (小学館ルルル文庫 み 4-11)荊姫と嘘吐きな求愛 (小学館ルルル文庫 み 4-11)
(2014/05/23)
宮野美嘉

商品詳細を見る

代々「王家の蝙蝠(こうもり)」と呼ばれる諜報活動を生業(なりわい)としてきたラグランド伯爵家。ある日、当主である祖父に呼び出されたアイリーンは、兄の不始末から突然跡継ぎに指名されてしまう。しかし、アイリーンは筋金入りの男嫌い! 婿をとって子など産めるかと即座に拒絶したところ、とんでもない男が部下としてやってきて!? その恋は、死ぬほど甘い蜜の味――。男嫌いの茨(いばら)姫と退屈を持て余した切れ者従者との、人生を賭けた甘くて危ない下克上ラブ!


表紙のイラストがとても好み!

いつもヒロインは病んでる子だったので、今回の主人公アイリーンは強くて優しい女の子で何か新鮮でした。トラウマとして抱えているものも、そこまで壮絶ではないかな(兄の悪戯のせいで男嫌いになったみたいだけど)
その分ヒーローのヴィルが歪んでいて、人間として何かが欠落しているようなキャラだったのでこの作者さんのヤンデルキャラ好きだわー。自分の能力ゆえに生きている事に退屈していていたヴィルがアイリーンに執着していくのが良かったですね。歪んだ関係にみえるけど、欲しかったものをお互いから得る事が出来てるので良いカップルだと思う。

アイリーン曰く「この男の子供なら産める気がする」らしいので、恋愛面で一区切りついている(?)ような気もするんですが面白かったのでシリーズ化して欲しいな。
スポンサーサイト

Posted on 12:54 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/303-57352521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。