ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

OZMAFIA!! プレー感想  

相変わらず積みゲーを崩している訳で、お陰様で積みゲーがどんどん減っていきます。
何本か思い切って売りに出したというのもありますが、この調子でいけば積みゲー0も夢じゃない!まぁそれは無理ですけどね(笑)昔は気になるゲームをひとまず買う→満足→何かもう良いから売っちゃえ!って事が多かったんですが、最近は昔に比べて買わなくなったし、割とあるゲームを黙々と崩しています。

OZMAFIA!!OZMAFIA!!
(2013/06/28)
Windows

商品詳細を見る

記憶を失った少女、フーカ、
目を覚まし記憶のないまま見知らぬ町を彷徨っていた彼女は、
突然何者かに追われることに。
逃げ惑うフーカを助けてくれたのは町を支配する
マフィアの1つであるオズファミリー。
勇猛なライオン、狡猾なカカシ、朴念仁なブリキの樵、そんな彼らに保護されることになるが――。

オズ、グリム、ウォールフガング…マフィアやギャンが争い合う物騒な街で
フーカは誰の手を取るのか、そしてその果てに選ぶ未来は…?


自分のPCが調子悪くてプレーを止めてたんですが、小型扇風機を当ててると電源が落ちなくなったのでやっとコンプ出来ました!PCゲームって画面大きいし画質は綺麗なのが良いなーと思うんですが、やっぱりPC開くのが面倒w自分はノートPCなので寝ながらプレー出来るんですが、長時間プレーしていると首や肩が痛くなってくるのがやはり辛いです(笑)


それでは追記より感想です。ネタバレ注意!(追記では反転とかしてないので、自己判断でお願いします)
※この作品はネタバレを見ないでプレーする事をオススメします。真相を知ってしまうと面白さ半減
完全に、さといさんのイラスト目当て。
あとは「オズの魔法使い」がモチーフとなっているのも面白そうだったし、評判も割りと良い感じだったので思い切って購入してみました。

☆総評7.5点
(10点満点中)
一周するごとに周回シナリオが追加されるので、プレーの仕方によっては結構プレー時間がかかると思います。自分はED回収を優先し、周回シナリオはほぼ見ていないので割とサクサクと進みました。「その他」のスチルが4%ほど埋まってないんですが(たぶんオズファミリーの乗換えEDじゃないかと思う)全ED見れてるので放置でw
共通がかなり長いので選択肢ジャンプ機能が欲しいところだけど、選択肢がかなり多いしルート入るまで訪問形式だしなー。あとはEDリストと回想、巻戻し(たぶん無かった)が無かったのはちょっと不便(自分は攻略サイトさんにお世話になってるけど)今回はパートボイスだったんですが、さほど違和感もなく。あとOPとED曲が洋楽だったのが珍しかったです。

個別ルートは割と話の流れが(特にオズ)似たり寄ったりで、結構それぞれあっさりEDなのでちょっと物足りないなーと。もうちょっとキャラクター(文章が結構淡々としてる感じだったので)の心理描写欲しかったなーと思ったけど、この物足りなさは周回シナリオを飛ばした自分のせいか(笑)ある一定の条件を満たすと解放される「エピローグ」と「グランドエンディング」が一番シナリオ的にもしっかりしてたと思うので真相が一番面白かったです。それぞれ個別もオズルートは乗り換えEDがあり、割とあっさり乗り換えてよろしくやってしまうフーカの軽さに驚いたり、カラス先生に利用されてたような気がするルートや娼館ルートではマンボイにもう来ない方が良い!と止められてるのに、通い続けてしまいドリアン・グレイの毒牙にかかって堕ちていったり、ネコ姉ちゃんとのルートは女の子同士の友情という感じで良かった。個人的に、ソウは真相に近い人物なので最後の方にプレーするのが良いかな?攻略人数も結構多いので(カラミア、キリエ、アクセル、アクセル、スカーレット、パシェ、シーザー、ソウ、ロビン・フッド、ハーメルン、娼館の面々)やり応えはあったかも。サブキャラも結構濃くて、個人的にはヘンゼルグレーテルの双子が好き。あとは某デラックスさんっぽいキャラがいて笑ったw

真相は、旅の果てにカカシ、ブリキ、カカシとそれぞれ自分の欲しい物を手に入れ願いを叶えたけど、ドロシーは自分の家に帰る事をやめて魔女になり3人の人間になりたいという願いを叶え名前を与えました。3人だけでは寂しいからと、ドロシーの知っている童話の登場人物を住人にして街を作り、自分は魔女だから1人で生きていかなければいけないとドロシーは塔を作ってそこに住む事にしてみんなの暮らしを見守る事に。だけど子供のまま魔女になったドロシーは孤独に耐えられなく、外に出たいと禁忌である自分の為に魔法を使ってしまい眠りに付く事に。その時に分離した精神が主人公のフーカでドローシーが望んだ理想の女性像だそうで。ドロシーを目覚めさせるために、裏で暗躍してたのがソウ(塔の魔法で半分ドロシーの犬トト)で彼が介入した結果、マフィアたちが潰しあう事になって最後はオズファミリー(旅の仲間)しか残らなかったし、住人達が武器を持ち争いはじめたり、ハーメルンが狂ったのもすべてフーカを塔まで呼び出すための行動だったとか。もフーカーはその真実を知り、ドロシーの中に戻る事にしますが最後魔法(=シーザー)を使い住人たちを生き返らせたけど、フーカの存在は忘れ去られてしまった・・・(キリエは忘れられないので、ドロシーもフーカもただ一人で覚えている)という感じです。最後はドロシーがフーカはあなた自身よ、好きに生きなさいと魔法を使ってみんなの元に戻してハッピーエンドという感じで何か普通・・・と思ってしまったんですがドロシーが「物語はハッピーエンドじゃなきゃ!」と言ってるのでまぁ良いか!綺麗にまとまってるし。

と言う感じで、かなり端折って書いたし内容あやふやなので違うかもw
ちゃんと「オズの魔法使い」が元になってたし、ドロシーと旅の仲間が出会うシーンが影絵みたいになってたり、ちょっとした演出が良かったです。欲を言えば、グランドエンドのED曲が他のEDムービーと一緒だったのが残念。
あと真相らへんのイラストの塗りが何か雑であれ?っとなったけど、スチルはさといさんが一人で担当されてたので(EDムービー見た限り)綺麗でした。


EDを見てたら、制作スタッフが少なくて大丈夫かな・・・と思ったんですが(ライターさんが背景塗ったり、さといさんも何か手伝ってた)また何か新作とか作ってくればいいなー
スポンサーサイト

Posted on 18:42 [edit]

category: 他のブランド

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/296-3244ed64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター