ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

新装版ハートの国のアリス~Wonderful Wonder World~ プレー感想  

(記事に拍手頂いてます!いつもありがとうございます。)

パッケージのイラストがハトアリPC版と同じというのが良いですよね~。

新装版 ハートの国のアリス新装版 ハートの国のアリス
(2013/10/31)
Sony PSP

商品詳細を見る


銃弾飛び交う恋愛アドベンチャー
帰りたいといつまで思えるか―――

不思議の国のアリスを踏まえつつ、
まったく異なるストーリー展開の恋愛アドベンチャーゲーム。

現実主義で、夢見がちなところが皆無な主人公。
特に、恋愛ごとはこりごりだと思っている。

彼女が引っ張り込まれた(自主的にではない)のは、やけに物騒なハートの国。
メルヘン調な世界なのに、ほのぼのしているのは建物や小物だけ。
帽子屋がマフィアだったり遊園地の従業員は銃携帯が標準だったりと危険な世界。

主だった住人は皆危険人物ばかりで、すぐに乱闘騒ぎや殺し合いに発展してしまう。
その上、領地争いまで勃発しており、帽子屋・ハートの女王・ゴーランドが対立する三つ巴状態。

おかしな薬を飲まされて(やっぱり自主的にではない)帰るに帰れなくなった主人公は、早々に「こ
れは、夢オチだ」と決め付け、非日常を楽しむことにする。

どの陣地に味方し、どう行動すれば、元の世界へ帰れるのか。
そして、登場人物の誰よりも恋愛に乗り気でない主人公に、
まともな恋愛は出来るのか―――。


アリスシリーズといえば、クインロゼの代表作ですよね。
自分はPS2版が発売された時に初めてプレーし、ひたすら訪問しまくるという作業ゲー(強)の洗礼を受けてからというものアリスシリーズから遠ざかっていた訳でw今回新装版の要素として、完全ノベル式に変更という事でまた手に取ってみました。アリスシリーズ気になってたけど、作業ゲーという点で引っかかってた方などは手に取る良い機会かもしれませんね!ただイベント数などが(アニアリの時点でハトアリの2倍のボリュームらしい)これでもか!ってぐらい多いので、お手軽にはプレー出来ませんけどね・・・。ただ一番プレーし易そうなのは、やはりノベル式だと思うのでイラストとかにこだわりがなければ新装版をプレーするのが無難ではないかと(あとは買う前にレビューとか見て、どれがいいか決めると良いかも)
あとパッケージ版の他にも、DL版ではVitaにも対応済み+ios版(Android版も近日公開予定)も配信開始されてるみたいですよ、便利な世の中になりました。

では感想は追記から
ネタバレ注意です
不思議のアリスモチーフなぐらいなんだから、もう「アリス=リデル」固定でいいじゃん。
昔の作品だから仕方ないのかもだけどさ・・・。

☆総評8点
アリスシリーズというかクインロゼ自体、癖の多い作品が多い事で有名だと思います。
「不思議の国のアリス」がモチーフなはずなのに、メルヘンどころか物騒でやたら命が軽かったりする設定(銃弾飛び交う恋愛アドベンチャー の時点でお察し下さい)主人公のアリスもビジュアルは可愛いのに、かなり卑屈で根暗だったり現実主義(遊園地?うわ・・・的な感じ)するのでまぁ色々人を選ぶ要素が多いと思います。あと文章が若干くどい(一文がやたら長い気がする)なーと思ったんですが、このぐらいならブランドの個性だね、ぐらいで流せるかな、と(笑)微エロの方はロゼは昔から健在なので、あきらか体からの関係なルートもあったりしますがまぁ最後は両思いだし、いいんじゃないかな!(適当)
作品の癖自体は強いですが、設定とか真相が深くしっかりしているので自分は好きなんですよね。あと結構ご都合主義じゃないのも好きな点ですね、ハートの国の世界を取るなら元の世界を捨てなければいけないんだよ、とか帰還EDがけしてアリスにとっては幸せな世界ではないというところとか。主人公のアリスも、確かに後ろ向きな子だけど、考えとかはしっかりしてる子で辺に可愛い子ぶってないのでかなり好きな主人公です。自分の好きだった人が、ハイスペックの姉を好きになってしまったんだからスレても仕方が無い・・・

新装版という事で、完全ノベル式でやったー!!という感じなんですが、ベースになっている「アニバーサリーの国のアリス」のボリュームが(非滞在ED追加でハトアリの2倍のボリューム)ハンパないので、フルコンプするつもりならちょっと気合入れてプレーして下さい。ちなみに自分はフルコンプまで約142時間以上かかってます。ただ自分はロゼシステム不慣れな事(自動スキップ機能に気付いたのは130時間以上たってからで、それまでRボタンで手動で飛ばしてた)+小まめにセーブを取ってなかったのもあるので、もっと早くコンプ可能だと思います。あと攻略サイトをみながらプレーするのが一番手っ取り早いと思います、ノベル式なんですがイベント数が多いのでなかなか自力でコンプするのは根気が必要(攻略みてもかなり色々な物がごりごり持ってかれた)でもこれを訪問式でプレーするとなると、大変な事になると思うのでやっぱりノベル式にリメイクされて良かった・・・本当にアニバーサリーの方をコンプされた方、神だと思う!!イベントを起こすために(時間帯も関係するのでリロード祭)攻略キャラクターにひたすら会いに行くシステムはもう辛いわ・・・
イベント数がかなり多いのはやり応えがあって良いと思うんですが、途中からイベントを回収するためにプレーしてた感じがしてあまり話しに集中出来なかったのが残念。あと結構、似たようなイベントが多かったしもう少し少なくて良かったんじゃないかなーと。あまりにも多いので、どんどん内容忘れていきます
あと砂時計(時間帯を変えられるアイテム。今回は不要)イベントがそのままあったり、あとハトアリではCEROの関係で削除されていたED(アリス死亡ED)が復活してたり。あとは自分的に形式変更でのつなぎ部分とかに違和感は感じなかったかな。
ダイアリから原画が藤丸さんに変更になって、全体的に幼くなったかな(双子とかかなりショタに見える)自分的にアニアリぐらいのイラストが結構好きだったので、ちょっと変更は残念だったかな。前のイラストの方がアリス、少し性格が悪そうな子という感じがして(笑)でも藤丸さんの方はビバルディが可愛くなってたのは良かった!、あとボリスの表情とか好き。あと万人受けしそうなのは、藤丸さんの方かな?コミカライズを担当されてるだけあって、少女風だし色が目に優しい。

ハートの国のアリスは、シリーズ1作目という事でハトアリしかプレーしたことのない自分はまだまだわからない事が多い作品です。いつになったら、ミラアリ(きっとおもちゃ~までしっかりリメイクされると信じてる)プレー出来るのかしら・・・という感じなのでウィキ先生でさらっと確認しちゃいましたけどね。
結構追加されてるイベントやEDで(真相に近いエース、ナイトメア)他シリーズのネタが入ってたので(サーカス、部下のトカゲさんとか)他シリーズを知らなければ?となるのでちょっと不親切かなー伏線ですよ!と言われたら、なるほど・・・となるけど(笑)
ハトアリの時点で明かされている真相は、アリスは時間をとても大切にしてたからこの不思議の国へ行けた、住人たちは時間(アリスが姉と過ごした昼の12時(=ペーターの時間)を大切にしてたからペーターもアリスが好きになった)、プロローグは過去の話で実は姉は死んでいてその事をずっと自分のせいだと後悔している、ぐらい?(うろ覚えなので違うかも)ひとまず時計、時間が作品において重要なキワードっぽいですね。
ひとまず、次プレーするのはFD「ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~」になりそうです。狂った季節がやってきて、いきなり血みどろな双子たちが居なくなってしまうので(ミラアリまではいるけど)ちょっとどんな内容になるのかなーと今から楽しみにしてます。
スポンサーサイト

Posted on 22:47 [edit]

category: クインロゼ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/287-943848db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター