ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記―/梨沙  

世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)世界螺旋 ―佐能探偵事務所の業務日記― (コバルト文庫)
(2014/02/25)
梨沙

商品詳細を見る

おんぼろアパートの一室にある『佐能探偵事務所』。未来視の力を持ち、眼帯をつけた高校生の戒が社長で、社員は彼の兄である新(+猫一匹)のみ。ただし最近は、父親の浮気調査を依頼しにきたことのあるクラスメート・美姫が入り浸るようになり、事務所の中は今までよりも少しだけ賑やかになった。けれど肝心の客はめったに訪ねてこない。しかし、事件は意外なところから始まり…?


コバルト文庫の別ラインシリーズ(仕様が集英社文庫)のもう一つの作品という事で、手に取ってみました(異人館と一緒に買ったんだけど)

なんか普段の梨沙さん作品とは雰囲気がだいぶ違うなーと
「タイムリープ」や「シュレーディンガーの猫」などの用語が出てきて結構SF色の強い作品でした。平行世界だったり、過去とかに飛んだりするので時系列が頭でごちゃごちゃになってちょっと理解出来なかった部分もあったんですが、面白かったです。
表紙でどーんと目立っている戒くんですが、美姫の方が活躍してたなーと。どっちかというと戒の方がヒロインでした。

美姫のお母さんの姫乃さんが旦那と娘のために、裏で頑張ってたみたいなのでそこら辺読んでみたいなー。
ハッピーエンドにならなそうだから、難しいのかもだけど。
スポンサーサイト

Posted on 19:37 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/286-c383cf5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター