ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

反省と3月のまとめ  

いよいよ4月ですね(虚)
よし!頑張るぞー!!と活きんで研修に向かったまでは良かったんですが、向こうですぐ体調を崩しダウン→帰宅という失態をやらかしてしまいました・・・。親戚や友達は(さすがに親には怒られましたが)体が資本だし、平子にはこの仕事合わなかったんだよ、仕方ないよと言ってくれたんですがそんな自分がとても情けない・・・どんだけメンタル弱いんだよ自分。
ひとまず今週は体調を完全に直し、来週からは仕本格的に新しい仕事探し始める予定。
ブログやツイッターは通常営業に戻りますので、よろしくお願いします。
あとブログに拍手頂いてます、いつもありがとうございます。

と、いう訳でひとまず3月のまとめから





sheseaにガッツリもってかれた3月でした。
最近は糸森さんにハマっていて、最近サイト公開作品がいくつか書籍化されていて(サイトではiaさん名義)とても嬉しいです。個人的には一番Shesea(書籍化されたのなら)が好きなんですが、読みやすいのはアイリス文庫で出ている「恋と悪魔と黙示録 」(書き下ろし作品)だと思うのでオススメ。
ハーフ・クラウンは色々なサイトさまで話題になってたので自分も手に取ってみたら、ヒーローの振り回されっぷりが面白かった!あと(仮)花嫁シリーズも最新巻まで一気読みしました、読むほどハマっていくシリーズだな・・。


そういえば昨日は4月1日は嘘の日でしたね。
どのメーカーも毎年気合が入っているので、色々見て周るのは楽しかったです。



では下から読書メーターのまとめです
2014年3月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3726ページ
ナイス数:78ナイス

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)感想
ジルお兄様、存在がありすぎて困る・・・w 相変わらず、お互い思い合ってるのに気持ちがすれ違ってじれじれ。 うーん、黒幕に教会も絡んでるのかな?なかなか色々と解決しなさそう。
読了日:3月28日 著者:夕鷺かのう
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚の裏に隠れた秘密!?~ (ビーズログ文庫)感想
シレイネ様がラスボスではなく、何か裏に他の一族がいるっぽい・・・?ユアイナ兄妹は悪役かと思ってたら、お互いを大切にし合っている兄妹愛にほっこり。相変わらずどっかの(仮)夫婦はギリギリやっててじれったい!
読了日:3月28日 著者:夕鷺かのう
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚の前に身代わり解消!?- (ビーズログ文庫)感想
やっとシレイネ姫様登場で、良い毒女っぷりでした。脳内お花畑を脳内農民(ただし休憩中)たちで駆逐しようとするフェルの(発想)が可愛いw 次あたりでフェル自身の謎とか明かされるのかなー
読了日:3月25日 著者:夕鷺かのう
she&sea 海賊王の退屈 (単行本)she&sea 海賊王の退屈 (単行本)感想
糸森さん×カズアキさんという事で購入してみました! おなじみの異世界トリップ物だったんですが、すごい面白かったです。 ファンタジーな世界なんだけど、けして優しい世界ではない・・・そんな中でもがむしゃらに突っ走るササラがとても好き。そして自分はガルシアのササラに対する謎の寵愛が恐すぎて震えた。 続きが気になって、サイトの方で読んでみたけど少し内容が違うのかな?完結まできちんと刊行されますように!
読了日:3月14日 著者:糸森環
オタクな俺がリア充社長に食われた件について (二見書房 シャレード文庫)オタクな俺がリア充社長に食われた件について (二見書房 シャレード文庫)感想
タイトルそのままの内容だったと思います。サラっと読めたのは良かったけど、かなりマニアックだったな・・・
読了日:3月14日 著者:丸木文華
記憶喪失男拾いました ~フェロモン探偵受難の日々~ (講談社X文庫―ホワイトハート)記憶喪失男拾いました ~フェロモン探偵受難の日々~ (講談社X文庫―ホワイトハート)感想
明るめな話なのでサラっと読めました。 個性的な登場人物が多そうなので、続きも楽しみです。自分的に映の兄(と思われる)の一言「愛しい俺の小鹿」にゾッとしました(笑)
読了日:3月11日 著者:丸木文華,相葉キョウコ
カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)感想
事件簿という割には、なんか日常系な話だなーと思ったけど、後半は仲間が殉職したりなどシリアスだった。あと宗教の設定がしっかりしてて面白かったです。
読了日:3月10日 著者:橘早月
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できずに新婚旅行!?- (ビーズログ文庫)感想
なかなか離婚出来ずに、ついに新婚旅行に行っちゃった! 今までこの夫婦(仮)の巻き込まれた事件には、間違えなくシレイネ様が絡んでそうだな・・・。ついにシレイネ様、本人が登場してきそうなので早く続き読みたいです。
読了日:3月10日 著者:夕鷺かのう
妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (妖精国の恋人シリーズ) (コバルト文庫)妖精国の恋人 黒ウサギの王子様とお茶会を (妖精国の恋人シリーズ) (コバルト文庫)感想
後編だからか、ちょっと駆け足気味だったかな?ケイトリンがエリスたちを振り回しているのが、読んでて面白かったです。 まだ明かされていないこともあるし、何よりケイトリンが可愛いのでシリーズ化して欲しいなぁ。
読了日:3月9日 著者:山本瑤
(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できなきゃ大戦争!?- (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 -離婚できなきゃ大戦争!?- (ビーズログ文庫)感想
フェルが相変わらず元気だな! オカマのガウェイン先生とフェルのやり取りが温かくてほっこりしました。 まったく離婚出来る気がしないけど、シレイネ様がラスボス過ぎる・・・
読了日:3月7日 著者:夕鷺かのう
ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)感想
話題になってたので手に取ってみました。惚れた弱みか、ユフィに振り回されるヴィンセントが不憫で面白かったです。2人の結婚する!、しない!な戦い(?)の場面がお気に入り。サブキャラたちも個性的で良かったです、面白かった!
読了日:3月7日 著者:御永真幸
聖鐘の乙女 愛の指輪と滅びの神歌 (一迅社文庫アイリス)聖鐘の乙女 愛の指輪と滅びの神歌 (一迅社文庫アイリス)感想
おー、いよいよクライマックス間近ですかね?久しぶりに、聖鐘学園の面々が活躍していて楽しかったです。あとサリアン様、さすがです・・・全部良いとこ持っていった。
読了日:3月7日 著者:本宮ことは
朧月の紅姫 (ルルル文庫)朧月の紅姫 (ルルル文庫)感想
前作と舞台は同じでした。主人公の彩佳が凛としていて良かった。前作の主人公カップルも出てきて嬉しかったです。相変わらず王道な感じなんだけど、安心して読めました。
読了日:3月7日 著者:蒼井湊都
大帝の恋文 ロマノフ大公女物語 (コバルト文庫)大帝の恋文 ロマノフ大公女物語 (コバルト文庫)感想
帝政ロシアが舞台で、軽い歴史物という感じで自分的には結構楽しめました。ただ父のピョトール大帝の方が主人公のアンナより目立ってたので、恋愛部分を期待すると微妙だな・・・と思いました。
読了日:3月7日 著者:一原みう

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 11:37 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/278-f7e6cfec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター