ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON (5)+13Bros.MANIAX   

発売されてから結構間が空いてしまった!



ブラコン最終巻です。と、いってもシルフ本誌で最終話は読んで感想も書いているのでそんな書くことは無いんですけど、やっぱり最後なので。今回単行本とコミックス両方とも結構分厚いので読み応えがありました。一様3話+おまけが収録されてるんですが、半分ぐらい最終話です。シルフ掲載時もそこそこな長さだったんですが、今回単行本収録にあたってかなり加筆されているのでさらに長くなっていました。
ファンブックの方は、全38話のプレイバックやエイプリール企画や第1話リトライ版や朝日奈家のその後が書き下ろしされてたり盛りだくさんだったので、個人的にはオススメ!

今まで単行本の感想は隠してなかったんですが、最終話なので畳んどきますね!
続きよりネタバレ注意です。
5巻に収録されている分はシルフ本誌で読んで、感想も書いてしまってるので詳しくはそちらを。
たぶん36~37話あたりは都合よく棗EDだと思い込んでる感想になってます(笑)
EDついては、自分も違うキャラとのED(個人的に押してたのは棗さんと風斗)を見たかったというのもありますが個人的にはこの結末に納得してます。というか自分は続けようと思ったらブラコンは引き伸ばし放題な作品だと思うし、俺たち兄弟の戦いはこれからだ!的なハーレムEDで終らせる事も出来た中で、きちんと一人を選んでスパっと完結してくれたところは、自分的には良かったと思ってます。
(あ、ちょっと1st7巻の棗さんと風斗の書き下ろしのやり取りはなんだったんだ・・・とは思ったけど(笑)
2ndでは特に絡み無かったよね、この2人)

という事でここでは最終話の加筆部分の感想を・・・

全体的な流れは変わってませんが、奇跡的に残っていた本誌(読んだら雑誌類は処分)を読み比べてみるとところどころセリフとかが変わってたりしてました、たとえば風斗とちぃちゃんのやり取りとか(冷静に風斗に接しているというか、本誌ではどっちかというと拒絶してた印象)大きく変わってたのは最後の終り方かな。本誌では最後、ちぃちゃんと昴を温かく見守る感じでちぃちゃんの笑顔で締められてたんですが、単行本の方は2人を祝福してない訳でないけど、まだ気持ちが吹っ切れてないからもう少し時間を頂戴?という感じでちょっと切ない感じなんですが、こっちのEDの方がしっくりきますね。あれだけ盛大に取り合いしたんだから、簡単に吹っ切れる訳ないし。
ちぃちゃんも最後、ジュリと朝日奈家を出る事にしたんですが、自分にはジュリ、お父さん、美和さんそしてたくさんの兄弟がいて自分の帰る場所がたしかにあるんだ、と思えるようになって良かったね、と。そして棗さんにきちと鍵を返してて何か安心した(笑)ちぃちゃんがマンションに来るところから始まり、そしてマンションを出ていくところで終るのも対になってて良いな。
最後の書き下ろしは、出て行くちぃちゃんを見送る侑介視点の話で、今までありがとうと一人で泣く侑介が切ない。
たぶん彼は優しすぎるんだよ・・・。自分の気持ちよりもちぃちゃんの意思を優先してたしねぇ。

ファンブックの書き下ろし「Home Sweet Home 」では9年後の朝日奈家が舞台で、23歳になった弥視点の話でした。
ちぃちゃんと昴さんにも娘千歳ちゃんが生まれて、みんなにちぃちゃんと呼ばれて可愛がられているみたいでなんかほっこりしました。ちぃちゃん(娘)は叔父さんたちを、弥みたいに呼んでて何か可愛い(なっくん、つっくん、あっくん、ゆーくんとか)みんなそれぞれマンションを出てバラバラになってるようだけど、みんな幸せに暮らしてるようです。どっかのおじさんはまだ引きずってるっぽいけども(笑)ジュリさんもまだまだ元気なようで良かった(BBのジュリルート的に)ただ獣医学科の弥にじゅりりん今いったい何歳なの!とか疑問に思われてたり

あーあ、これでブラコン終わりか。
最初の方は軽い気持ちで読んでたんですが、徐々にハマっていって段々感想が長くなっていきましたからね。1stときは何冊かまとめて感想を書いてたし。
色々楽しんで追いかけてたので、終ってしまうのは寂しいな。
スポンサーサイト

Posted on 13:32 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/271-f75185a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター