ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1)/橘早月  

ぽにきゃん文庫って、初めて買ったんですがジャンルがイマイチわからない
ひとまず少女小説ではないので、ライトノベルの方に分類しておこう。

カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
(2014/03/03)
橘早月

商品詳細を見る

カーマリーという地方都市の教会を舞台に、コメディタッチで繰り広げられる神父と僧兵と聖騎士の、アンデットとの戦いと日常。
ファンタジーの文法を活かしながら、神とは何か信仰とは何かを描く。


結構、宗教が題材というか神父さんがハッスル(?)している作品が好きなので手に取ってみました。
イラストはアニメ薄桜鬼のキャラデを担当されている中嶋さんです。

主人公のジークフリートは殉死率の最も高い「カーマリー地方教会」に人事異動(左遷ともいう)されるところから始まります。殉職が多い地域なんだけど前半は、訓練生の卒業試験に振り回されたり、狼の恩返しを受けたりなど、日常系な話が多かったんですが、後半は悪魔や宗教の歴史や、戦いなどの要素が出てきて、そして同僚の殉職と結構シリアスな内容でした。

結構、舞台となっているレストラニクス聖教国の国教であるキーセ教の設定が凝ってて面白かったです。
色々な流派(知識派、正統派など)があって、昔は魔女狩りなどもあったみたい。

もともとネット上で連載されていた作品だったからか、章ごと読みきりな感じで読みやすかったです。
2巻目も5月に出るようなので楽しみ!

最初、表紙の人が主人公かと思ってたんですが違うんですねw
次の表紙も訓練生組なルキアとアーシェイなので、ジークなんか不憫ですね(笑)
スポンサーサイト

Posted on 15:24 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/268-f18c1652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。