ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩 プレー感想  

白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩(通常版)白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩(通常版)
(2013/09/05)
Sony PSP

商品詳細を見る

それは有り得たかもしれない、
春夏秋冬の物語。

春の暖かさに歌い、
夏の祭りに騒ぎ出し、
秋の果実に心躍らせ、
冬の綿雪を踏みしめる――。

【檻】を抜け出した者との未来。
【檻】に囚われたままの者との未来。

千差万別、極彩色に輝く、古の玉依姫の物語。

――貴女が見る世界は、如何様に映るのか。


次のゲームが届くまで、微妙に時間がある・・・。でもあまりボリュームあるのだと中途半端になるしーという事で、FDなゲームを今回は選んでみました。そういえばこのブログを始めてから、あまりFDをプレーしてないなー。たぶん蝶毒FDぐらいだよな。
白華本編(感想)をプレーしてから、1年以上たっているんですね。どうりで色々忘れている訳だ!
FDは早めに崩してしまった方がいいなーと思いました(笑)忘れちゃうからw

では感想は追記から
ネタバレ注意です
FDといっても、昔に比べるとボリューミーになって内容が充実してきたなーと。昔は本当に1日でサクッと崩せるようなボリュームなのが多かった気がする。

☆総評7.5点
(10点満点中)
タイトルが「四季の詩」という事で、春・夏・秋・冬という4つのコンテンツがあり、冬の章はアテルイと智則のルートで共通ルートがなくすぐ個別という感じなんですが、たぶん結構なシナリオのボリュームだったと思います。
あとは春の章は後日談、夏の章はFDならではの内容(敵、味方関係なしでわいわい)、秋の章はおまけコンテンツと言う感じでコンプまで思ったより時間がかかったなーという感じです。
個人的に、秋の章がちょっと苦痛だったかなー。結構な数のシチュエーションがあってそれを5人分全部見ていくのは結構辛い・・・いくつかスチルがあるので、途中から強制スキップを使って回収してしまいました、何かすみませんw
最初から開放されてる分はちゃんとみたので許して下さい・・・

春の章はそれぞれの後日談で、どのルートも檻から抜け出す事が出来て幸せなんだけど、やはり失った者たちの事や無くしてしまった物を忘れる事は出来ない・・・けどそれらのことも抱えつつも、自分は自分の大切な人と幸せになるんだ、というのが白華らしくて良かったです。あと罪から開放されたらか、詞紀が年相応な女の子な感じになってたのも良かったなー。本来は明るくておてんばな子だったんだけ?
そういえば、空疎は唯一、最後子供が出来てて幻灯火は相変わらずもふもふ
秋房ルートは智則が切ない・・・(彼のルートをプレーするとさらにぶわぁ)

冬の章は、幻灯火厨なアテルイははたして攻略出来るのか・・・と思ったんだけど、ちゃんとハッピーED迎えられてて感動しました(笑)自分的に割りとあっさり、土蜘蛛の一族と新しい遠くの土地に逃げるという案をあっさり呑んだのはちょっとあれ?と思いましたけど。あれだけ貴族を憎悪してたのに(仲間が殺されていく過去のエピソードがあって、かなり壮絶な目にあってた。その時の細谷さんの演技がすごく良かった!)そんなあっさり京を攻めるの諦めるかなーと。いや、ずっとガンガン行こうぜ!な感じだったら恋愛ED迎えられないか(笑)復讐よりも、土蜘蛛が生き残る事を選んだという感じかな。
智則はすべて詞紀のために、玉依の暗部をすべて引き受けようとしたり、彼女の幸せのために自分を犠牲してしまっていた彼が、共に生きる為に諦めずに戦うのが良かったです。幸せになれてよかったね。智則さん、京で活躍してて本編でも普通に行動してくれてればハゲとかにもっとぎゃふんと言わせられてただろうな・・・

好評だったのか、BAD講座が所々散りばめられててなかなか面白かったです。バッエン!
あとは楽曲が、テーマソング+春ED(藤田麻衣子さん)、夏ED(maoさん)、秋ED(霜月はるかさん)、冬ED(織田かおりさん)がそれぞれ担当されててすごい豪華!オトメイト作品でここまで一つの作品に多数のアーティストさんたちが参加されてたのは初めてじゃないかなー?

勝手に学園パロディあると思ってたので、コンプスチルにしかなくて(予約特典がパロだったんだっけ?)少し残念だったんですが内容も結構充実してて良かったです。個人的には冬の章でアテルイ、智則を攻略出来ただけでも満足。

何か最近はFDを出すよりも、1本に全部まとめて欲しいわ・・・と思うようになってきました(まぁ無理だろうけど)
スポンサーサイト

Posted on 13:02 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/265-cf97bd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター