ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

竜宮ホテル /村山 早紀  

竜宮ホテル (徳間文庫)竜宮ホテル (徳間文庫)
(2013/05/02)
村山 早紀

商品詳細を見る

あやかしをみる不思議な瞳を持つ作家水守響呼は、その能力ゆえに世界に心を閉ざし、孤独に生きてきた。ある雨の夜、妹を捜してひとの街を訪れた妖怪の少女を救ったことをきっかけに、クラシックホテル『竜宮ホテル』で暮らすことに。紫陽花が咲き乱れ南国の木々が葉をそよがせるそのホテルでの日々は魔法と奇跡に彩られて…。


f-clan文庫版も読んでますが、好きなシリーズなので徳間文庫版も購入。
相変わらず優しい物語で癒されるな~

竜宮ホテルの住人と接する事によって、主人公の響呼がやわらかい感じになっていくのが良かったな。
響呼は自分は人を不幸にすると思ってたけど、実はあなたのお陰で幸せなれた人が沢山いるんだよ・・・という感じでほっこりしました。

書き下ろしの短編がひなぎくちゃん視点で新鮮。しろ子さんのお話はちょっと不思議で切ない話でした。
あとホテルの新たな住人も出てきてたので、2巻を読むのも楽しみにしてます。
スポンサーサイト

Posted on 16:24 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/258-d1018555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター