ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

初恋グランギニョル /鮎川 はぎの  

初恋グランギニョル (ルルル文庫)初恋グランギニョル (ルルル文庫)
(2012/07/26)
鮎川 はぎの

商品詳細を見る

恋愛ゲームの嘘と罠! 乙女の恋は命懸け!

虚構世界の覇者に告ぐ――挑戦的な招待状に誘われて、『ヴィエルジュ・ヘルツ』という謎のゲームに参加した、優雅なる引きこもりお嬢様・遙。ところが始まったのは、参加者同士が不変不滅の愛を証明するというリアル恋愛ゲームで!? 途端に興味を失った遙だが、不覚にも参加者の陰険眼鏡・千早にときめいてしまう! しかし、甘い恋の駆け引きには、残酷な罠が隠されていて……!?
乙女の恋は命懸け! ドキドキのラブミステリー!


結賀さんのイラストは細かく描かれて好きだなー!
今回は千一星教の世界観ではないんだなー。確かデビュー作(ブラッティー・ハニーはまだ読んでませんが)からずっと同じ世界観でしたよね?現代が舞台で少し新鮮でした。

読んでて最初はうーんとなったけど、中盤からぐっと面白くなった!犯人サイドの人物が普通に紛れ込んで暗躍してたり、疑心暗鬼になったり、結果的に登場人物が結果精神破壊した(らしい)りとちょっと展開がルルル文庫らしくないのが物珍しくて良かったと思いました。

ただ主人公カップルは良い感じに纏ったけど、問題が結局解決しないまま終ってしまったのは若干もやっとだったのでこれ続くんですかね?
自分的には少しハードな展開(ルルルにしては)+軽めなミステリーという感じで自分は良かったと思いました。
スポンサーサイト

Posted on 17:42 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/24-9af5b105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター