ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート /青木 祐子  

ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート (コバルト文庫)ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート (コバルト文庫)
(2013/11/30)
青木 祐子

商品詳細を見る

19世紀・イギリス。有名執事の娘シャロンは、新人メイドとして貴族のお屋敷に勤めることになった。勤め先は、カルヴァート家の別邸―ベリーカルテット。ところがシャロンが屋敷に到着すると、滞在していた女性が遺書をのこして亡くなっていた!?カルヴァート家次男で美貌の作家・ロイと、新人メイド・シャロンの推理が冴え渡る!謎が謎を呼ぶヴィクトリアン・メイド・ミステリー!


ヴィクロテの作者さんの新作です。
ミステリー風少女小説という感じで面白かった!

有名執事の娘シャロンが完璧にメイドをこなしつつ、父親譲りの推理力で小説家ロイと協力して事件を解決していくというお話。シャロンは「ひとりの女の子であるまえに、メイドであれ」が座右の名なので真面目な子なんですが、ロイの前では可愛くみせようとマツゲをこっそりカールさせたり、実はロマンス小説が好きな乙女なのでそのギャップが可愛い。
ロイは商家の次男坊で小説家だけど、デビュー作以降まったく売れないし本人も残念なタイプなんですが(ただしイケメン)昔の思い出を小説にするぐらい実は乙女なヤツでしたw

推理部分は少女小説なのであっさり目で、いつボロを出すか・・・という感じでどっちかというと心理戦という感じだったかな?あと黒幕だった女の子が無邪気に病んでて恐かったです・・・だって大好きでずっと一緒にいたかったからという感じで。

今回はシャロンがロイ専属のメイドになるところで終わりでしたが、このコンビのやり取りをもっと観たいし、2人の過去に何があったのかも気になるのでシリーズ化して欲しいなぁー。
スポンサーサイト

Posted on 17:46 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/238-b695dfc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター