ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

BROTHERS CONFLICT#37「ここで、言わなきゃ」  

今月はコミックスの方も同時発売だったので、一緒に買ってくるつもりだったんですが近所の本屋置いてないという・・・(コミックスの方は2冊だけあったw)マニアック(?)な雑誌も結構あるんだから少しぐらい入荷してくれたってさ(雑誌なので入荷が遅かっただけかもしれませんが)
という事で来月からは初めからネットで予約する事にします。
あーあ、発売日に読みたいのになぁ・・・、田舎は本当に不便。

まずは最新話の感想から~
シルフ 2014年 01月号 [雑誌]シルフ 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/11/22)
不明

商品詳細を見る

今回でシルフ本誌を買い始めて3回目になるんですが、ブラコン本編は完結だそうです。そう最終話。
自分的にはうそだろー!!早すぎだよー!という感じなんですが、まぁそれは自分がハマったのが遅かったからね(笑)ここまで人気出たらもっと引き伸ばして続けそうなものですが(アニメ2期も決まってるし)、案外スパっと完結させてしまうんですね。自分はもうひとコンフリクト見たかった気持ちもあったけど、ダラダラ続けてぐだぐだな内容になってしまうよりは、もっと読みたかったーぐらいで完結を迎えてくれた方が良いかな、と。
(でも風斗くん帰ってきて欲しかったなーロスから)

あと来月からぷるぷる連載再開でやったー!!ぷるぷるかなり好きだったので嬉しいなぷぎゃーww
ゲームBBビジュアルブックの表紙も公開されてて、ちぃちゃんが可愛い。PPのと対になっているようで、梓とちぃちゃんのイラストでしたよ。

という事で今月の感想にいってみよー
続きからネタバレ注意です。

(誌上通販のうさたんどうしよう・・・)
#37「ここで、言わなきゃ」
今月の扉絵は棗さんと昴。いつの間にか残ってるのはこの2人でしたね。
煽り文が「どちらかの手を取れば、どちらかが泣く。でも-わかるだろ?1人しか選べないこと。」
で、すごいハラハラした。ブラコンの煽り文ってセンスが良いなー。思わず気になって手に取ってしまうんですよねー。

棗さんに思いを告げられ、「キスさせてくれ」と言われちぃちゃんは受け入れるの!どうなの!というところで終った先月号。その続きからです。
ちぃちゃん、棗を受け入れなかったですね。ちぃちゃんにとっては棗さんはお兄さんみたいな存在だったという事。初めて兄弟が出来てすごく嬉しかったけど彼らのスキンシップに正直戸惑っていて、その時本当のお兄さんみたいに接してくれた棗にとても元気付けられたそうです。だから2ndでの彼氏ズラには正直引いてしまったと・・(そんな事は書かれていませんがw)
それを聴いた棗は色々後悔して、我に返りましたね「何やってんだ、俺は」
本当だよ・・・、何やってんだよ
棗さん曰、椿と梓に嫉妬していた。自分は離れて暮らしてるから不利だから、一度振られてるしこのままでは勝てない。ちぃちゃんを奪われてしまう前にダメでも良いから、自分の気持ちを打ち明けたいと思うようになったみたいです。梓も「もう一度振られてもいい、決定的に振られてもいいから、この気持ちを打ち明けよう。そう思うようになったんだ」と同じことをちぃちゃんに伝えてましたね。梓と棗は性格が全然違うけど、やっぱり三つ子なんだなーと
棗は最後、「兄弟に嫉妬して・・・好きな女に迷惑をかけて・・・最低だな」と強く後悔してして、それを見たちぃちゃんも罪悪感を感じていて、あの高校を卒業した時に言えばよかったと「もうやめてください」って
棗もちぃちゃんが好きだからこそあんな行動に出てしまったんだろうし、ちぃちゃんもみんな大切だからこそ答えを出せなかったんだろうし・・・それがこんな状態を生んでしまったのはなかなか辛いですよね・・。

場面が代わり、侑介と昴が活躍している試合の映像を見ていた時に、弥ちゃんの攻めが襲来!!ソファー越しのぎゅーからのすばるんを見てないで、僕を見て!僕のことを見て欲しいもん。振り向いてくれるのをただ待ってることなんて出来ないよ、と来月最終回なのにどんどん来る中学生。
そんな弥を侑介がいさめますが、ゆーくん、そうしてそんなに立派なの?僕はゆーくんみたいに待つことが出来ない、そんなことしたら「イイ人」で終っちゃわない?ってワー!やめてあげてェ!!
そんな暴走気味の末っ子を止めてくれた右京さんと要さん。そっと兄としてアドバイスしてくれ、応援してますと言ってちぃちゃんの背中をポンっと押してくれてる姿にじんわり・・
アドバイスのお陰で梓ともちゃんと話せたみたいだし良かったね。

最後に光さんが出てきて、また仕掛けてきましたが答えを見つけたちぃちゃんはもう大丈夫。
というか、光さんに無理やりキスされてた事はすっかり忘れていて案外図太いなw
このコンフリクトの結果も光さんの予想とは違ってみたいで、本当に楽しそうでしたね。
彼に「あんたは俺の予想を超えた、遥かにおもしろい女だね。今、本気であんたと付き合いたいと思ったよ」と言わせるんだからちぃちゃん女性として強くなったなー。だってそれは、無理ですってバッサリ切ってたもんねw
思いを伝える相手はもう私の事は見てくれないかも・・・とちぃちゃんは言い、そんな彼女に光さんは「きっと上手くいくよ。俺が保障する」とこのお兄さんもポンっと背中を押してくれてまたじんわり・・・

さてちぃちゃんは今回「ためらってはダメなんだ」と今こそ自分の思いを伝える時期なんだと答えを見つけます。
The last episode#38「忘れない日になったから」
気付いてしまったから、言うしかない。自分の気持ち。あなたへの想いをー。


ついに棗さん離脱か・・・と思ったけど、ちぃちゃん目的地を告げる前に棗の「・・・ごめん。今するのは卑怯だよな」の名ゼリフ(?)(※その前に卑怯なキスをしてるので迷セリフかもw)を思い出しているので、棗EDだと信じて来月号まで待機したいと思ってます。
スポンサーサイト

Posted on 19:21 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/221-40d2954a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター