ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オーダーメイド殺人クラブ/辻村 深月  

オーダーメイド殺人クラブオーダーメイド殺人クラブ
(2011/05/26)
辻村 深月

商品詳細を見る

中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方
親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。



直木賞受賞おめでとう!と言うことで、買って積んでいた本を読んでみました。買ったのは確か1年前ぐらい(笑)
面白かったけど、疲れてる時には読みたくないな(笑)自分まで引きずられて中二病になりそう

すごい中二全開(あとアンと徳川の病みっぷりがすごい)でした。でも自分もきっとあんな感じだったんだろうなーとしみじみ(まぁリア充でないけどね!)
アンや徳川の趣味・趣向、思考は普通に考えたら危ない!と言われちゃうかもしれないけど、誰にでもこんな一面はあると思います。
アンの周りの人間関係は本当にリアルだったなぁと。すこし周りと違うとハブかれるし、いつハブかれるか、いつ自分の番が来るのか・・・・とかね
芹香が自殺未遂をして、アンが周りにハブかれたところは正直読んでてきつかったなー。胃がキリキリ

アンは徳川に殺人をオーダメイドした訳だけど、結局『悲劇』は起こらず2人は少しずつ大人になっていったのは普通に考えれば良かったのかもしれない。
けど、もしかしたら『悲劇』を起こせずにそのまま成長してしまった事が『悲劇』なのかもしれない。だって少年Aにも加害者にもなれなかったんだから。
確かにこの物語は『悲劇』の記憶なのかも。

自分的に徳川の愛情表現(?)にちょっとヒキましたがw(「臨床少女」のモデルの人形をアンに置き換えて長年、例のノートに描いてた事とか)、アンと徳川のその後がどうなったか気になりますね。
全体的に重い内容なんだけど、最後の終り方は爽やかで良かった。青春!青春!
その時はどうしても認められなかった事も認められるようになるんだから、きっと大人になる事もそんな悪くはないはず。
スポンサーサイト

Posted on 11:11 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/22-8e36aa72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。