ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

DIABOLIK LOVERS プレー感想  

これをプレーする前は神様を攻略してたわけですが、プレー中に神なんていないんだよ!!ヒャッハー!的な事を言われてそのギャップに半笑い

DIABOLIK LOVERS (通常版)DIABOLIK LOVERS (通常版)
(2012/10/11)
Sony PSP

商品詳細を見る

主人公・小森ユイはごく普通の高校生。
ただ小さい頃から少し周りで変わったことが起きるだけ。


高校二年生になったとき、父の転勤のため神無町という街の学校に転校することになる。
転校先は「嶺帝学院高校」という、芸能人やセレブの為の夜間学校。
その一見華やかにみえる裏で、不吉な噂が絶えず囁かれている学校だった。

いわくつきの噂の中には「ヴァンパイアに襲われた生徒がいる」というものも……。

そして、居候先である父の親戚の逆巻家は、
街でも噂の最悪な六人兄弟が住む『オバケ屋敷』と呼ばれる場所で――。

突然、性格最悪なイケメン六人兄弟と同居することになった主人公。
しかも彼らはただの人間ではなく…………。

──何かに引き寄せられるような小さな期待を感じながら、
不安と恐怖の新しい生活が始まろうとしていた。

(MBの感想だと思った?本編の方でした。んふ)

はいディアラバといえば約1年前の発売日当初かなり話題になっていて、吸血鬼やドSに特に興味はなかったのに流行に乗って自分も購入してみたら、見事ライトに返り討ちにされました。そんな過去がある自分が何故またプレーしているのかというとMBの方のキャストに釣られたからです(終了)シリーズ物はやはり1作目からプレーしたいのでVita版(どのぐらいPSPと違うのか確かめたかった)と迷ったんですがツインパックの方がお徳だったので、Vita版は断念(定価だしね)

余談ですがさっき感想を書いたんですが保存を押したらそのまま記事が消えてしまって、白目。あれ3時間はかかったのよ
と言うわけで、本日二回目の感想いきまーす(棒)
ネタバレ注意です。
うん、何というか評価が難しい(笑)
シナリオは正直薄い。元がシチュエーションCDだし、コンセプト的にもシチュエーションを楽しむのがメインっぽいので仕方がないのかもしれませんが。あとは所々微エロというか、下ネタを仕込んできてますがCEROの壁に阻まれたのか(一様Cではある)プレーヤーのご想像にお任せしますという感じで結構ボカしてたなーと。個人的にはPCでBWS(残酷描写とか)みたいなノリでやってくれればなーと思ったんですが、あダメ?
真相の部分が「主人公の心臓は三つ子の母親コーデリアの物であり、主人公の血が美味しいのは魔王の娘であるコーデリアの心臓のお陰」という自分には地雷極まりない設定。けっこう攻略キャラクターたちも血に惹かれてる部分があって餌や逆巻家の当主になるための道具にしか主人公をみてないようでなかなかカップル厨には辛かったです。一様、EDでは相思相愛?な感じで「愛してる」と言ってくれたりしますが恋愛過程があまりないので、は?という感じです。あとは三つ子の母親が結構出しゃばってくるのが、なんともウザいw(三つ子がそれぞれ母親に執着してるっぽいのでなお、ね)
攻略者6人でルートがそれぞれ3つのルートがあり(それぞれエピローグ、プロローグ、10個のシナリオがある)おまけシナリオもあるので、1つのエピソードは5分もかからないぐらい短いですがそそこ数があるのでボリューム不足って訳でもないです。ただ10のエピソードを1つずつ読んでいくという感じなので、話がぶつ切りです。プロローグとエピローグで一様繋げてるという感じかな。なので結構唐突にEDに入ります。EDも3つあるんですけどね(個人的にはED2の方が好き)

と、シナリオ部分はこんな感じなんですがキャラクターはそれぞれ尖ってて面白かったです。攻略キャラがドSという事が売りなんですが、自分にはキチryただのダメンズにしか見えなかったです。無気力、陰湿、自己中、変態、ヒステリー、反抗期(をこじらせた)というラインナップ(ただの悪口ですね、すみません)
残念ながらカウンセリングも更正も出来ませんのでご了承下さいという感じで、むしろ主人公も一緒に堕ちていってしまうので色々ぶれない作品ではあると思う(笑)キャラクターの歪みの原因は父親+母親にあるのでどうしようもないってのもありますが。

個人的に一番面白かったキャラクターはカナトですね。遅いんだよ!といきなりヒステリーを起こされた時には思わず爆笑。いきなりキレる、しかも泣くのでもう手に負えない。ED近くなるとテディと話すように優しく話しかけてくれるのが怖い。主人公が一番歪んでしまったルートでもあると思います。プレーした後、中の人ののどが大丈夫か心配になるのは仕様。
次はシュウが気に入っています。元々中の人が好きだという事もありますが、たとえ服でお風呂に入ったり、イヤホンで変な物を聴いてても、ズボンをはかせてあげたいぐらいには好きです。あんなに人生にやる気がないのに手は案外早い。シュウルートでは見事なクソっぷりを発揮してくれたレイジさんは自分のルートでは普通に良い人でした。罰として口にスパゲティー突っ込んでくれるし。自分のルートではシュウの事を主人公に「穀潰し」と呼ばせてて、どんだけ兄貴嫌いなんだよwとなりました
問題のライトくん。平川さんの演技は輝いてたけど、コーデリアが出しゃばってくるルートなので色々な意味で微妙。ライトはシステムボイス系でもやらかしてて、「僕とインストールしちゃう?(インストール)」「あ~ん、ビッチちゃんのエッチー!(スペシャル)」とかで反応に困るw我らがシュウさんは「あ?おまえから見せに来いよ(スペシャル)」
メイン様であるアヤトは割と無難なルートだと思うので、初回プレーにオススメ(なぜか三つ子からしかプレーできないので)末っ子のスバルは反抗期なので主人公の部屋破壊とかしてきますが、割とまともなので逆巻兄弟の良心です。シナリオも一番しっかりしてた気がします。

念願のさといさんイラスト!という事で、どれも綺麗で良かったと思います。枚数も結構あったし。ただ吸血やキスのスチルがあまり色っぽくないっていうのが残念でした。
あとは楽曲が良い意味で中二っぽくて良いなーと思いました。BWSの時も思いましたが、岩崎さん書く詩ってなんか好きです。


改めて振り返ってみると、これはこれで良いんじゃないかとw
キャラゲーと割り切って、声優さんの演技(ダミヘだし)やイラストを楽しんじゃえば平和。
個人的にはぜひカナトルートをプレーして頂きたいですね。
という事で☆総評6点(10点満点中)

この流れでMBに行ってきます。
スポンサーサイト

Posted on 17:24 [edit]

category: Rejet

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/11/20 21:07 | edit

イヴ様へ

はじめまして!
ブログに遊びにきて下さってありがとうございます~(^^)

> それではじめましてでいきなり失礼かもしれませんすいません(汗)…ディアラヴァお好きなんですか?!
> 私もライト君かっこいいと思ってます!ライト君良いですよね(笑)
いえいえ!全然失礼でないですよ~。
最初は声優さんの演技だけ楽しめば良いいやーと思ってプレーしてたら、キャラクターが面白いのでだんだん作品が好きになってきました(笑)今はノリノリでMBをプレーしてます。
ライト良いですよねwもう彼にはずっとこのままの路線でずっと行ってもらえたらな・・・なんて思ってます。
MBでもライトが何をしでかすのかが今から楽しみですw


> 共感のあまりコメントしたくて手がウズウズしてしまいました(汗)
> 初対面なのにいきなりこんなコメントをして失礼しました(汗)
結構、感想を好き勝手書いてしまったのでイヴさんが共感して下さって嬉しかったですよ~!コメントまでして下さってありがとうございます。

それではよろしかったらまた遊びに来てくださいね!

URL |   平子 #-
2013/11/21 16:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/218-2cdb59e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター