ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

BROTHERS CONFLICT#36「恋を手操る一日」  

今更ですが実はブラコン専用のカテゴリを作りました。最近色々とブラコンの記事が多くなってるので、もう作っちゃえという事で。ブラコンPP+BBの感想も乙女ゲーのカテゴリではなく、ブラコンの方に分類してます。

(記事に拍手頂いてます!この場でありがとうの気持ちを!)

シルフ 2013年 12月号 [雑誌]シルフ 2013年 12月号 [雑誌]
(2013/10/22)
不明

商品詳細を見る

今月の表紙は「神々の悪戯」でヨネさん表紙です。
自分もさっそく神々プレーしてたりします(モニターゲットなので早めにね)

自分が気になるブラコン新着(?)情報は
・シルフ増刊 BROTHERS CONFLICT act.1 ~TSUBAKI&FUTO~
・BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON④
もう新刊発売ですって、結構刊行ペースが早いですよねー。
あとはシルフ本誌、新刊と合わせてブラコンのキャラにスポットがあたった小冊子の第一弾が発売です。椿&風斗編だそうで意外な組み合わせ。共に11月22日発売予定です。
・雅臣のうさたん
弥のうさたんが誌上通販されるそうで可愛いかもしれない・・・?


という事で今月の感想にいってみよー
続きからネタバレ注意です。
#36「恋を手操る一日」
扉絵は光さんとちぃちゃん。扉絵の煽り文が「好きな子ほどいじめたくなる。子供じみた嗜虐心が募って」でそっか~光さんってば、だから今まで(先月号のアレとか)ちぃちゃんをいじめてたんだ~とはなりませんでしたけどね(笑)扉絵でもしっかりお昼寝中のちぃちゃんの鼻を悪い顔でつまんでいらっしゃる。

光さんに「お前だけが傷ついてるんじゃねーんだよ、被害者ぶるな」的な事を言われ(まぁ正論ですけど・・・)自分が朝日奈家にとっていてはいけない存在じゃないかと思ってしまうちぃちゃん。
もういっその事マンションを出てしまおうか・・・なんて考えているところに、麟太郎さんが日本に帰ってきているという事で会いにいく事に。その時にパパに色々相談しようかな・・・なんて考えていたら、美和さんもいて少し気まずいちぃちゃんでした。話しにくいな・・・と思ってたけど、美和さんは兄弟と何かあったんだな・・・と察してくれて、何故ちぃちゃんを男しかいないあのマンションに住ませる事にしたのかを話してくれました。
美和さんが前の旦那さんをなくした時に支えになったのが家族だったから、もし麟太郎さんに何かあっても支えてくれる存在がいて欲しいという思いと、美和さん的には兄弟たちはそれぞれ自分の自慢な息子たちなのでもしそういうことになっても応援してもいいと考えてたそうです。
美和さんも麟太郎さんもちぃちゃんを苦しませてしまったと謝っていましたが、2人とも親としてちぃちゃんの幸せを考えての事だったと思うし謝られるのはとても辛い・・・小さい頃ちぃちゃんに、1人で寂しい思いをさせたから家族を作ってあげたいとも思っただろうし。

途中、いつの間にかフランスから帰っていた琉生さんとアイスを食べに行くんですが何かあったの?とすぐ気づかれます。ちぃちゃんも琉生さんなら話してもいいかな・・・という感じで、「今までの事を考えて、マンションを出て一人暮らしをしようか考えてる」と伝えると、「ちぃちゃんの悩みを解決するためなら、何でもしたい。僕にできることなら、なんでも」と言ってくれますが「ちぃちゃんの悩み僕、わかる気がする。今までずっと、ちぃちゃんのこと見てきたから」「だから、同じようにわかる。僕じゃ、力になれないこと」と、とても悲しそうで、悔しそうな顔をしたそうです。ちぃちゃんもそんな表情の琉生さんを見たことがないそうで。
僕は無力、ごめんね・・・と謝る琉生さんだけどこれはちぃちゃんが一人で解決しなければならない問題だと思うよ。自分的に何で琉生さんがここまでちぃちゃん主義なのか気になるところだけども。

琉生さんと別れた後、近所の公園のベンチでたそがれているところロードワーク中の昴さんに出会って色々と話をします。家を出たことで家族の大切さがわかったと言ってて本当に大人になったね、すばるん!この後に棗とちぃちゃんとデートに行くと聴いても嫉妬しなくなったし棗と普通に会話してたみたいだし、社会人になって色々な物が見えてきたんだろうな。
ちぃちゃんが「もし私が一人暮らしをするといったら?」と聴くと驚いてたけど、おまえが考えて決めたことならそれを受け入れるとの事。昴的には気持ちさえ繋がってたら距離なんて関係ないという感じなのかな。

昴さんの後、侑介のいきなりのコンフリクト離脱宣言?で(自分が)唖然とした後(もし本当にこれで離脱なら彼の敗因は優しすぎたこと)、棗さんと横浜にデートに行く事に。
最後に、「俺の望みはオマエと一緒にいることなんだ」「いつもオマエとのそばで寄り添って楽しいことも、つらいことも、一緒に経験したいんだ」「俺をオマエをそばにいさせてくれ。これからずっと」と告白を通り越してプロポーズなんじゃ・・・と思わなくもないですが、棗にとっては大切なのは距離なんだとちぃちゃんが気づきます。最後にキスする・・・?なところで、はい!次回なんですが、自分はここであー棗エンドなんだなーと特に深読みせずにそっかーなんて思ってたら、棗振られフラグが立った!的な感想をみかけてあれっ?となりました(笑)後で読み返すと、昴と棗の考えが逆なんですねぇ、そういえば昴とも横浜にデート行ってたし(観覧車で結局キスしたのかどうなんだか)あなたにとってのちぃちゃんは?の問いには昴は「妹」棗は「妹としては思えない」と答えています。
ちぃちゃんは相手に何を求めるのでしょうか。自分的にはずっと愛情に飢えていたちぃちゃんはずっと寄り添ってくれる相手を最後は選ぶのではないかと思ったのですが・・・どうでしょう?
(1stからの展開を見ると棗なんじゃないかと思うんですが、人気キャラをどんどん離脱させてますからね(笑)ちょっと原作者サイドが読めないw)
自分は棗と話した後にちぃちゃんと昴がすれ違うイラストを見て、昴とのフラグが折れたのではないかと思ったのですが・・・昴は新たな道を歩みはじめたというか。

というか、自分は棗さんに頑張ってもらいたいようです(笑)とくに誰とくっ付いてもいいけどね~☆とか言ってたのにどうしたw

次回#37話「もう迷わないーそう伝える。」
1stの棗の卑怯なキスなシーンのセリフが使われてて意味深げ・・。
大学生になってもう子供ではないと言われてたけどまだまだ考えが子供のままだったちぃちゃん。やっと自分の事だけではなく周りの事も見えるようになり少しずつ大人になってきているちぃちゃんが出す答えとは?

1ヶ月長い!w
スポンサーサイト

Posted on 16:43 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2013/10/26 18:19 | edit

青空様へ

はじめまして。こんばんは
コメントの返信が遅くなりすみません・・・!
自分のスマフォ用のテンプレは「sd_s_simple01 」です。
これでたぶん大丈夫ではないかと・・・

それでは用件のみで失礼させて頂きますね。

URL |   平子 #-
2013/10/27 01:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/208-9a02a8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター