ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生/石田リンネ  

おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 皇帝の誕生 (ビーズログ文庫)
(2013/09/14)
石田リンネ

商品詳細を見る

「騎士王、貴女こそが皇帝に相応しい」――己の秘密を知る“誰か"の存在により、キルフ帝国後継者争いに巻き込まれたレティーツィア。
そこへ、ずっと行方不明だったキルフ帝国第四王子・アルトールが姿を現した!
なんと彼は『神殺しの魔法陣』を使ってレティを拘束。
目の前で主君を奪われたデュークは、アストリッドと共にレティを助け出そうとするが……!?


レティ不在(囚われ中ともいう)の巻
キルフ帝国編も完結です!

と、いう訳で今回動き回ってたのはデュークとアスリッド。未来のナイツオブラウンドの第一席と第三席の騎士です。
今までレティの支持に従って動く事が多かったけど、今回の事件では色々と二人はナイツオウラウンドとして自分達は何が足りないかとか考えさせられたのではないかと。
レティは結構自分から作戦とか立てて動いてしまうタイプなので、もうそろそろ宰相ポジの騎士が欲しいところですね。王は人を上手く使って自分はドシンと構えてる(?)のも大切だと思うので。


アナスタシア姫がレティやヴィクトル王子という次期王位継承者や皇位争いを見て、自分の幸せよりも自国の幸せを選んで「お姫様」を辞めた姿がとても凛々しくて良かったです。レティとは将来敵対関係になるかもしれないけど心の中ではずっと友達というのにじーん

あと最後に少ししか出てこなかったノーザルツ公のツンデレっぷりに震えました。可愛い・・・

デュークのうっかりで、レティもついに自分の気持ちに自覚してしまったので彼女も色々悩みそうだなー、レティ真面目だし(デュークもしかり)

続きも楽しみ。
スポンサーサイト

Posted on 17:41 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/204-0ce44138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター