ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

8月のまとめ  

今日から9月とか!
あと1年3ヶ月しかないとか信じられないー

そういえば結局PC直しました。やっぱり愛着のあるPCだったし、データーの移動が面倒だったので・・・。
バックライトの他にも不具合があって修理に少々費用がかかってしまったけど、メーカーに修理にだすよりも断然安くすんだので良かったです。諦めずにネットで格安で修理してくれるところを探して良かった。
画面が前よりすごく明るくて感動。


さて今月は8冊読了。
ひたすらブラコンを読んでた気がします。ブラコンも活字ではありますが、字が少なくイラストが多いので自分の中ではコミック扱い(売り場でもコミックのところにあるし)なので読書メーターには登録しませんでした(メーターは活字だけ登録しているので)



今月は結構TLを電子書籍で読んでみました。読みたいときにすぐ読めるというのはやっぱり良いですよね。あとTLは内容がアレなので自宅で保存は少し気まずいしw
ただhontoだと挿絵が小さいし、kindleは読みたい作品が配信されてなかったりするので少し不便。
そういえばアクセス解析を見てみると、TLの感想を目当てで訪問された方がいるみたいで感動しましたwブログの記事と読書メーターの感想(感想短いですけど・・・ね)が購入の際に少しでも参考になればいいなーと

読書メーターをまとめたのでまた潜りたいと思います(ブクブク

*ブログに拍手を頂いてます!ブログに訪問してくださった方もありがとうございます。
最近は放置気味ですがこれからもよろしくお願いしますねー!


下から読書メーターのまとめです。
2013年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2084ページ
ナイス数:60ナイス

銀嶺の巫女 (一迅社文庫アイリス)銀嶺の巫女 (一迅社文庫アイリス)感想
森崎さんは久しぶりですね!古き良き少女小説な感じで良かったんだけど、展開が早過ぎて物足りなかったです。話自体も王道というか優等生な感じで、個人的にホワイトハート文庫の花嫁シリーズみたいに何でもありな感じなのが読みたかったかも…あと凪さんのイラストが作品の雰囲気に合ってて良かったです。
読了日:8月31日 著者:森崎朝香
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚できたら一攫千金!~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~離婚できたら一攫千金!~ (ビーズログ文庫)感想
ビズログらしい良いラブコメで面白かった!旦那様と離婚出来る気がまったくしないけど、続きが楽しみです。本物のシレイネ様はいつごろ登場してくるのか個人的に気になる・・・
読了日:8月23日 著者:夕鷺かのう
聖鐘の乙女 飛べない夜鳴鳥と終焉の鐘 (一迅社文庫アイリス)聖鐘の乙女 飛べない夜鳴鳥と終焉の鐘 (一迅社文庫アイリス)感想
ネイトさんが色々荒ぶっててニヤニヤ。個人的にアティの「好きな人を幸せにしてあげたいのっ!」のセリフが良いなーと。こんなアティだからこそ、サリアン様、ネイトさん、ジェッツも惹かれるんだよなーと。次から王宮編だという事でもうそろそろ終わりも近いのかな?
読了日:8月17日 著者:本宮ことは
ハーレムナイト 熱砂の王子は花嫁の虜囚 (ティアラ文庫)ハーレムナイト 熱砂の王子は花嫁の虜囚 (ティアラ文庫)感想
他国の王子、設定が結構しっかりしてたのにすごくちょい役で残念・・・。後日談的な話だったのでゆったり読めました。あと王子がそれぞれメインな短編も収録されてたのも良かった!
読了日:8月17日 著者:仁賀奈
禁じられたX: 二人のお兄様 (ティアラ文庫)禁じられたX: 二人のお兄様 (ティアラ文庫)感想
バッドエンド系な話が読みたいなーという事で。お兄様たちが本当に人でなしだった。確かに後味悪いけど、本人たちにしたらハッピーエンドだと思う。
読了日:8月17日 著者:沢城利穂
黒の王子と身代わりプリンセス~戴冠式は蜜に濡れて~ (ヴァニラ文庫)黒の王子と身代わりプリンセス~戴冠式は蜜に濡れて~ (ヴァニラ文庫)感想
元々ハーレクインで出されてた原作をTL風にして出した感じ・・?話は結構面白かったんですが、何か全体的に淡々としていて色々物足りなかったような。もうちょっとじっくり書いて欲しかったです。
読了日:8月11日 著者:夜織もか
悪魔のような花婿 プリンセス・フェスティバル (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)悪魔のような花婿 プリンセス・フェスティバル (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)感想
幸せいっぱいの短編集で面白かったです!相変わらずキャラの掛け合いが面白かったし、なによりバジル家の子供たちが可愛かった!特に双子の「-なんですけどー!」な口調がツボ。あとリオンとエリザベス主人公で新シリーズが始められそうw
読了日:8月7日 著者:松田志乃ぶ
首の姫と首なし騎士  誇り高き反逆者 (角川ビーンズ文庫)首の姫と首なし騎士 誇り高き反逆者 (角川ビーンズ文庫)感想
どうしよう・・・、まったくエルマー家に勝てる気がしない! その中でも諦めずに仲間たちを信じて、戦い続けるロッティが格好良いです。国王様の事も色々ふっきれたようだし、また少し成長したなーと思いました。あと長兄も色々ギリギリ過ぎて、本性がはみ出ていてニヤニヤ。次でエルマー家との対決は次回で完結という事で早く続きを読みたい・・・
読了日:8月7日 著者:睦月けい

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 01:46 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/194-23237373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター