ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

悪魔のような花婿 プリンセス・フェスティバル /松田 志乃ぶ  

悪魔のような花婿 プリンセス・フェスティバル (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫 ま 10-25)悪魔のような花婿 プリンセス・フェスティバル (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫 ま 10-25)
(2013/08/01)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

ジュリエットとウィリアムが無事に初夜を迎えてから5年。二人は子どもにも恵まれ、慌ただしい毎日を送っていた。ある日、村の超美少女を巡って相談事が…。ウィリアムに浮気疑惑が!? 幸せ短編集!


ハッピーエンドで終わったその先の物語!幸せいっぱいの短編集で面白かったです。

とにかくコミカル。キャラ同士の掛け合いが面白い。特にバジル家の子供たちが可愛いかったなぁ。下の双子ちゃんの「-なんですけどー!」な口調がツボw主人公カップルも何年たっても新婚みたいなので本当に爆発してください。
バジル家は幸せそうで何より。後はヴィヴィアンの嫁さんだけだ・・ね!

リー様はジュリエットへの思いをまだ引きずってはいるんだけど、ついに新たな恋の予感が!ただその相手はジュリエットの姉だったというwリオンとエリザベスがメインの話をもっと読んでみたかったなぁ。短編だというのがもったいない位面白かったのに。

ヒューとサラは相変わらずのようで

うーん、終わってしまうのは寂しいけれど新作も楽しみに待ってます。
スポンサーサイト

Posted on 12:43 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/183-65393606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター