ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

7月のまとめ  

なんか最近はもっぱら本の感想がメインになってますね。7月はなんとなくゲームをプレーする気が起こらずもくもく読書をしてました。お蔭で積み本は減ったけど、やりかけのゲーム(月影とうたプリdebut)が2本もあるのでいい加減コンプしないとなーと。あんまり放置すると内容を忘れてしまうのでねwあと9-10月は乙女ゲームラッシュなので少しでも積みげー減らしたいけど、無理だな(笑)


今月は16冊読みました!うむ
が、読んだ割にはお気に入りの作品が少なくて残念。


あとコミックですが「毒姫」をイッキ読みしました。
この独特の世界観にどっぷりハマッてます。


やっと「毒姫」5巻まで読みました!コミックの感想は基本書かないんですが今回は書いてみようかな、と思います。最後まで読み終えたときは本当に胸いっぱいになりました。
5巻の帯の「愛することをあきらめてはいけない」にブワッ

さて、下から読書メーターのまとめです。


2013年7月の読書メーター
読んだ本の数:16冊
読んだページ数:4525ページ
ナイス数:84ナイス

毒姫 水晶の檻毒姫 水晶の檻感想
「毒姫」本編は2巻まで読みました。確かに「毒姫」のアナザーストーリーと言われたら首を傾げてしまうけれど、別の物語なんだなーと割り切ってしまえばダークな少女小説という感じで楽しめました。結構描写が(BL表現もあり)生々しかったりするんですが、この作品の暗い雰囲気には合ってるとは思います。ただ人を選ぶ作品だな、と。
読了日:7月30日 著者:久美沙織
かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)感想
奈良時代が舞台って珍しいので新鮮なんだけど、役職や名前の読み方とかが結構読みづらい。話の方は安定感があって面白いんだけど、ちょっとあっさりくっ付いてしまったのでそこら辺は物足りない。まだ続けられそうな内容だったのでシリーズ化して欲しいな。
読了日:7月30日 著者:深山 くのえ
風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (新潮文庫)感想
陽子、鈴、祥瓊それぞれ成長したなーと思いました。とくに陽子が景麒に乗って禁軍将軍に一喝するシーンは格好いい・・・!あと初勅の「伏礼を廃す」はとても彼女らしい。これから陽子の治世はどのようなものになるのだろうか・・・
読了日:7月30日 著者:小野 不由美
風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)風の万里 黎明の空(上) 十二国記 (新潮文庫)感想
王になってめでたし、めでたしではなくむしろ玉座に就いてからの方が大変で・・・陽子の力となってくれる官吏たちも居なくて読んでて辛かったです。鈴と祥瓊の「自分は可愛そう」的な考えにイライラしたけど、それぞれ清秀と楽俊と出会ったり、旅をしていく内に視野が広がって、少しずつ変わっていこうとする姿が良いな。
読了日:7月30日 著者:小野 不由美
世界最後の魔法使いの最後の恋 (一迅社文庫アイリス)世界最後の魔法使いの最後の恋 (一迅社文庫アイリス)感想
少し世界観の説明が多いかなーと思ったけど、良いラブファンタジーで面白かったです。個人的にセラとウィアードの掛け合いが面白かったし、「その恋は本当に、あなたの真実の恋ですか?」などのセリフにとてもきゅんとしました。あとウィアードは200歳越えているのに、16歳のサラに主導権を握られてるみたいで何か微笑ましいw
読了日:7月23日 著者:瑞山 いつき
英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)英国マザーグース物語 花咲けるきみと永久の歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)感想
展開が少し駆け足だったかなーと思ったけど、最後までハラハラしながら読めて面白かったです。あとジュリアンとセシルのパートナー関係が今まで親密で良いなーと思いました。最後も大団円で良かったね!
読了日:7月21日 著者:久賀 理世
英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)英国マザーグース物語 聖夜に捧ぐ鎮魂歌 (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)感想
ジュリアン弁解の巻!仕方が無いとはいえ、彼が本当の気持ちを伝えるほどセシルとはすれ違ってしまうし、ダニエルの信頼を失ってしまうしでなかなか切ない展開でした。でもセシルの周りには彼女を大切に思っている、兄弟や友人がいてその人たちとのやり取りをみているのなんだかほっこり。 最後まさか!なところで終わってしまったので、すぐ最終巻を読んでしまいたいと思います。
読了日:7月18日 著者:久賀 理世
にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)にせもの公主の後宮事情 君子は豹変するものです? (一迅社文庫アイリス)感想
なんか主人公が監禁されてる内に物語が勝手に進んでいたような…せっかく読書好きで知識がある設定なのにそれが活かされてなくて残念。むしろお母さんが寵姫になるまでの物語を読みたかった。
読了日:7月16日 著者:雨川 恵
悪魔のような花婿 エメラルド島の花嫁 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)悪魔のような花婿 エメラルド島の花嫁 (悪魔のような花婿シリーズ) (コバルト文庫)感想
今回で本編は完結という事で。最後はハッピエンドで読了後とても幸せな気分に。最後、初夜の描写が結構されてて笑ってしまいましたw良いラブコメ物で面白かったなぁー。短編集も楽しみ。
読了日:7月14日 著者:松田 志乃ぶ
身代わり伯爵の結婚行進曲  I麗しの乙女の花園 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 I麗しの乙女の花園 (角川ビーンズ文庫)感想
リゼランド宮殿の面々もキャラが濃い人ばっかりwミレーユが次期大公妃として奮闘する姿がとても眩しい。今回で最終章突入という事で、終ってしまうのは寂しいですが、もうラストシーンが決まっているという事なのでミレーユとリヒャルトの物語がどんな結末を迎えるのか楽しみです。
読了日:7月12日 著者:清家 未森
花散らす風 ~斎き宮は露蜜に濡れて~ (シフォン文庫)花散らす風 ~斎き宮は露蜜に濡れて~ (シフォン文庫)感想
色々濃いなーwと思ったけど、話も普通に面白かったです。最後はすべて上手く解決してハッピーエンドだったんたけど、個人的には本当に異母兄妹でした的な方が禁断という感じがして良かったかも。個人的に絵師さんの正体(?)にビックリしましたwこういうイラストも描けるんですね〜
読了日:7月8日 著者:葉月 エリカ
断罪の微笑 (ソーニャ文庫)断罪の微笑 (ソーニャ文庫)感想
TLではあまり見かけないタイプの無理やり系だったので少しビックリしました。話もしっかりしてて面白かったんだけど、ヒロインのライラの「私可哀想」的な感じが結構鼻についたかな・・・。確かにマレイカの狂気は恐いけど、すべてを彼女のせいににして主人公カップルは幸せになるという結末にモニョりました。
読了日:7月6日 著者:宇奈月香
雛遊び-ひいなあそび- (シフォン文庫)雛遊び-ひいなあそび- (シフォン文庫)感想
初恋をこじらせたヒーローだったけど、一途だったからかなんか微笑ましく感じましたwヒロインは相変わらずのおばかちゃんキャラ+ネガティブ。ゆるゆる読めて良かったです。
読了日:7月5日 著者:仁賀奈
鬼族狩り―封殺鬼選集鬼族狩り―封殺鬼選集感想
自分はルルル文庫から入ったので色々違和感が。シリーズ1冊目だからか、まだ「本家」は少ししか出てこなくて話も序章という感じかな。「現代編」はこれからどんな展開になっていくのか楽しみです。どの時代でも相変わらずな鬼2人で和みましたw
読了日:7月5日 著者:霜島 ケイ
真珠星-spica- (一迅社文庫アイリス)真珠星-spica- (一迅社文庫アイリス)感想
絵師さんのファンなので絵買いしてみました。内容は少女小説版RPGという感じかな。全体的にサラッとし過ぎて特に印象に残らなかったのが残念でした。主人公カップルの主従関係が好みだったので、もっと2人のエピソードが欲しかったかも。
読了日:7月3日 著者:如月 ゆすら
夢美と銀の薔薇騎士団 星影のブレス (ビーズログ文庫)夢美と銀の薔薇騎士団 星影のブレス (ビーズログ文庫)感想
章が多いし、1章が短いからか話がぶつ切りに感じて読みづらい…夢美は鈴影さんの事が好きだと勝手に思ってたので、火狩さんの事も好きっぽかったのには驚いた。自分的に最後の失恋のエピソードと宏が少し男として成長したところが良かったかな。
読了日:7月2日 著者:藤本ひとみ,柳瀬千博

読書メーター

スポンサーサイト

Posted on 02:00 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/178-262de7f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。