ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

かぎろひさやか 玉響/深山 くのえ  

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)
(2013/07/26)
深山 くのえ

商品詳細を見る

奈良天平の世。政情不安を抱える都の後宮で働く薬師の真那は、ある日、怪我をした青年・八尋を助ける。再会した八尋と惹かれ合う真那だが、実は互いに想いを交わせない事情を抱えていて……?
時の権力者の娘に仕える少女と、生き延びるため一族の心得を守る皇家出身の青年。偶然の出会いが二人を結びつけたとき、運命の恋が動きはじめる――。


恋染~の方はあれで終わりか・・・(チーン

奈良時代が舞台という事で新鮮(平安が舞台って事は多いけど、奈良時代はあんまない)で良かったんだけど、結構役職とか名前が読みづらい・・・。
一様、主人公が後宮勤め(薬師)なんですが結構頻繁に外に出て行ったりするしで結構後宮オープンだな!と思いました。というか、平安時代とは違うのかな色々
あと今回は史実の人物も出てきます。

ルルル看板の深山さんという事でやっぱり安定していて面白いなーとも思うんだけど、その王道さが少し物足りなかったかもしれない。主人公カップルもあっさりくっ付いてしまったし。あと八尋は一目ぼれだったという事でいいのかな・・・?
うーん、ここで読みきりで終わってしまうか、シリーズ化になるかで(自分の中で)評価が変わると思います。この後、史実なら戦があるみたいだしこれから物語的に面白くなりそうなので、シリーズ化してくれるといいな。
スポンサーサイト

Posted on 16:02 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/176-6db32720
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター