ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

死にたがり姫事件譚 -黒猫に捧げる愛の話-/宮野 美嘉  

死にたがり姫事件譚 -黒猫に捧げる愛の話- (ルルル文庫)死にたがり姫事件譚 -黒猫に捧げる愛の話- (ルルル文庫)
(2013/05/24)
宮野 美嘉

商品詳細を見る

王立学校に編入することになった公爵令嬢のユキハは、「死にたがり姫」と呼ばれる変わった少女だった。何せいつも首から短剣を下げている。今回も、編入初日に出会ったジンに対し、いきなり「私を殺してくれぬか」と迫る。だが彼女には彼女なりの事情があったのだ…ユキハは校内と身辺に起こる不可解な事件に目もくれず、ジンを追いかけ回す。しかしやがて事態は深刻なものになり!?


おぉう・・・・ブラックラブコメや
たぶんルルルでギリギリなブラックさで、壊れてしまった人たちの物語という感じで面白かったです。

前作のサアラは強かなヤンデレでしたが、今回の主人公のユキハは「私を殺してくれぬか!」とヒーローを追っかけてしまう壊れたお姫様(公爵令嬢)が主人公。
前作のサアラもそうでしたが、今回の主人公のユキハがどうしてあのようにおかしくなってしまったのか納得できる(ただの性格だけでは終らないというか)ように書いてくれてるのがこの作者さんの良いところだと思います。
ユキハの過去を知ると、彼女の「殺してくれ!」は私を見て!愛して!という言葉と同じなんではないかなーと思いました。

最初はユキハの壊れっぷりに気を取られがちですが、実はヒーローを含め周りの人物の方が歪んでいたという・・・むしろユキハがこの中で一番純粋というかまともなのかもしれない・・・
まさかジンがユキハの私物とかを壊してるとは思わなかったw)ユキハがジンに執着してるようで実は・・・という感じなのでニヤニヤしてしまいました(ヤンデレ好きなので)

前作よりもかなり人を選ぶ作品だと思う作品だと思いますが、自分は好きだなこの黒さ。
続き出ると良いんだけど・・・
スポンサーサイト

Posted on 14:57 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/160-74089047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター