ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

NORN9 ノルン+ノネットプレー感想  

NORN9 ノルン+ノネット(通常版)NORN9 ノルン+ノネット(通常版)
(2013/05/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

【時の片隅で、巡り合う・・・】


懐かしい。でも、何かが違う――。

閉鎖された時代を乗り越えた日本。
民主的な政治と自由な文化が、
人々を盛りたて、国を彩る。

未来は明るく、若者たちは補正された道を
悠々と闊歩する。
飢えも貧しさもなく、銃も兵器も存在しない。
差別も格差もない平等な命。
誰もが幸福を享受する世界。

そんな時代は……果たしてあっただろうか?

懐かしさと違和の入り混じる奇妙な未視感。
あなたの知らない歴史が紡がれる。



オトメイト的には宣伝とかにかなり力を入れていた作品だったし、主人公が3人でボイス付など色々と乙女ゲームではかなり物珍しい要素だったため、結構手に取られた方も多い作品ではないのでしょうか。
ファミ通のレビューではゴールドだったし、シナリオとか色々と期待してた方も多いのではないかと
あと製作陣が一部同じな十三支が楽しかったから買ってみたという方もいそう。十三支はオトメイトとREDのコラボ作品で原作は有名な方で、今回は普通にIFだけで出したものなんですよね・・・・

ひとまず主人公に声付くの!!!!買うし!というノリで購入した自分のプレー感想は下からです
(あと悌太さんの絵が好きなのでイラスト買いとも言う)
下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 

※基本このブログはネタバレに配慮していないので、そこら辺は自己責任でお願いします。

☆総評6点
(10点満点中)
まぁ少し甘めの採点となりました。予想以上に深琴、七海、こはるの3人娘が可愛かったし、自分のベストオブ主人公に入るぐらい深琴がツボに入り、深琴×朔也のカップリングにとても萌えたのでまぁ良かったかなと。あと悌太さんのイラストはどれも綺麗。あとチビキャラのデザインはさといさんで豪華

問題はみなさんがおっしゃっているようにシナリオですね(笑)
最後の最後までプレーしても「テーマ」はなんだったのか分からなくて思わず、(@´・∀・`)な顔に。
これはシナリオ以外に力を入れすぎたパターンじゃんかー、OPとかクォリティー高いし。残念ながらオトメイトに良くあるパターンですね、はい。
登場人物は「世界」(たぶん今の国連みたいな感じby空汰)の命令に従って、その元(アメリカらしい)にノルンに乗って向かっていて、最終的にはそれぞれ国に派遣されて自分達の能力を生かすという感じに世界側の人間に教えられてたようです。実は能力者の役目は他にあって・・・・(通称「リセット」文明をやり直す事が出来るらしい。文明とかは退化するみたいだけど、どこまでリセットされるのかはイマイチ分からない。で、今は4回目のリセットをするかしないかみたいな感じ。本編は大正時代が舞台なんですが4回目なので実は西暦8000年とからしい)という感じなんですが、まぁほぼその役目を放棄なんですよねw結構「世界」の元に行かないで逃亡して攻略キャラクターと幸せになりましたというのが多すぎる。あとこの真相もキャラクターが説明してサラっと終わりなので、あんまり感動もなく・・・・。
あといつのまにか物事が良い方向に解決しているという事もあり、おい!となりましたよ、さすがに・・・。
というか、ここまで恋愛>物語というのも珍しいな・・・。最近は物語重視で微糖という作品は結構多いんですが、ここまでシナリオ投げっぷりは珍しいかもw
主人公たちの心情は丁寧だったんですが、攻略キャラ視点があまりなかったからかイマイチいつ好きになったか分からなかったなー
というか、ここまで世界観を壮大にしないで少しSF風なぐらいにすればここまで不評にならなかったのではないかな!

シナリオ量は主人公3人視点+攻略キャラ9人でほぼ個別ルートで1人当たり4時間(ボイスは飛ばさず)ぐらいはあったと思います、たぶん。人数を考えるとボリュームがある方ではないかと。正直自分的には長く感じました(自分の短いレベルは1ルート2時間とかなんで)
EDで確認するとディレクター、シナリオ、原作すべて同じ方が担当されてるんですね(他にサブライターもいたかもしれませんが)それプラス特典類のシナリオも担当されてたとか。1人でこのシナリオ量をこなすのは普通に凄いと思うけれどちょっとそれが裏目に出てしまったんではないかと、すいません上からで。ただ複数ライターだと色々ブレる事もあるし・・・。
もっと主人公を含め、登場人物の過去とかもきちんと書いててくれたらな。そこら辺もサラっと流してしまっていて残念。こはるだけではなく、深琴や七海がノルンに乗る時のエピソードも欲しかったな。
やっぱりこの人数で1本で纏めるのは難しかったのではないかと・・・。あんまり良い売り方ではないかもですが、それぞれ「深琴編」「七海編」「こはる編」という感じで分割して売った方が良かったんじゃ
あとEDは正規EDの他に悲恋EDもそれぞれあり、結構悲恋のエピソードとイラストがマッチしてたのは良かったと思います。今回EDリストが無かったみたいなので確認してませんが、結構バッドエンドもあったみたいです。


せっかくなので今回は主人公を語ってみる!
プレー順は深琴サイド(朔也→一月→夏彦)、七海サイド(平士→暁人→ロン)→こはる(千里→駆→正宗)
鍵付きのキャラは真相っぽかったので最後に、こはるは主人公中ではメインだと思ってた(勝手に)ので最後に攻略しました。てか名前変更機能あった事にびっくり。他のルートではそのキャラとして普通に登場してるから意味無いんじゃ・・・・

個人的にはどのルートでも女の子たちは絶対味方!というのが良かったですねー。もっと3人で仲良くしているイベントが欲しかったかなー。
深琴
・久我 深琴
かなり気が強く、さらにボイスが付いた事によって2割り増しできつく感じるので苦手な人は多いかもしれない。が、自分は一番好き。黒髪長髪なきつめなお嬢様が多分自分のツボなんだと思う(CZの撫子も好きだし)
他のルートではきつい言動が目立つけれど、実は誰よりも使命感が強くて、女の子の中では一番年上だからか私が守らなきゃ!的な少し分かりづらいけど優しい子だと思います。あと実は強く見えて結構脆かったり・・・・
他のルートでも結構登場していて嬉しかった(そのかわり、七海ルートではこはるが、こはるルートでは七海の存在が薄かったような・・・)
自分的にはやっぱり朔也とのカップリングに萌えてゴロゴロ。朔也とは幼馴染だからか過去にもスポットが当たっててとても丁寧な話だったな、と。ただあの終わり方は解せない(笑)深琴が朔也を振り回してるようで、実は朔也の方が主導権を握ってるのに萌えた。困ったことに他のルートをプレーしてるのに深琴と朔也が気になって仕方が無い。一月は良い感じに深琴のガス抜きしてくれるキャラだと思うんだけど、話がなんとも。夏彦は一様敵対キャラで割と真相に近いキャラかも。いつのまにかデレてておぅ・・・となりましたが、小野Dの声良いわという事で。あと深琴と夏彦のイラストがとても良いです、個人的に悲恋のイラストが好き。

七海
・不知火 七海
実はあんまり興味なかったキャラだったんですが、プレーしたら可愛いじゃんなっなみー!
最初はあまり感情がなくてお人形みたいだったのが、ノルンで生活していく内に女の子らしくなっていっていったのが良かったです。七海も分かりずらいけど優しい子だと思う。能力が「記憶を消す事」なのが可哀想だな、と。
自分的に平士がヤンデレ枠なのが意外でした。暁人は七海をある理由で恨んでいたので、七海を許すまでの過程が結構丁寧に書かれてて良かったですね。あと(兄として千里を思う気持ちとか。何故、世話を駆に任せたのかは謎ですがw)ロンは何故攻略キャラだったのか。BADEDの終り方はどっちも納得出来たし、印象に残りました。結局ロンは何者だったのか、という

こはる
・こはる
主人公の中ではメイン?なのかな。あんまり主人公って感じはしなかったかなー。
記憶がなかったり、天然系で純粋なふわふわな感じですが一番精神的に安定してると思った。こはるが一番強い能力を持ってるそうです。
千里は意外と自分からこはるに迫っていってたのでやるな!ショタ!と思ったら16歳(こはるは17歳)勝手に14歳ぐらいだと思いました。恐るべきしもんぬボイス!千里の悲恋EDの鳥籠も好きなEDです。
駆は色々と(黒幕の)真相明かされるのかなーと思ったらそうでもなかった。他のルートでは性格が真っ黒だなと思ったら、自分のルートでは割とピュアだったような(曖昧)
正宗は世界側の人間なので割りと真相に近いけど、最後は世界のやり方に疑問を持って逃走EDなのでモニョリましたね・・・。あのEDはみんなの優しさだよ、本当に。あと深琴ファンには中々辛いルート。悲恋のこはるがヤンデレ化(深琴に対して)は良かったけどね・・・。

・鈴原 空汰
プロローグやエピローグは彼の視点なのでもう一人の主人公といってもおかしくはないんですが、ルート中の彼の存在感の薄さはハンパねぇ・・・。実は彼の存在にも真相があり(実は彼は過去の人間(3回目のリセット)でアイオンに眠らされていた存在。 空汰はアイオンを作った人間とほぼ同じ存在(遺伝子が同じらしい?)生まれ変わりに近いのかなー)、最後に明かされるんですが・・・結局なんだったんだろう(笑)結局「自分の大好きな人ともう一度会いたい」という感じで使命とか関係ない(実際、この世界やリセットよりも自分の目的の方が大切だったんだろうな
あと黒幕のあの人は何者だったんだろう

てか一番気になったのはひよこさんの存在だけどね!あんま本編に関係なかったよねw


と、まぁ長くなりましたがこんな感じです。もしFDが出るとしたら十三支の新作があるのでまだまだ先でしょうねー。言いたいのはシナリオもっと頑張って!という事です・・・ねw色々と勿体ない作品でした。
あと主人公ボイス付きの作品もっと増えて欲しい。
スポンサーサイト

Posted on 19:36 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/159-3b78819a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター