ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任/石田リンネ  

おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 君主の責任 (ビーズログ文庫)
(2013/05/15)
石田リンネ

商品詳細を見る

次期女王レティーツィアと、ノーザルツ公国君主の元に届けられた、キルフ帝国・建国祭の招待状。差出人のサインに不気味なものを感じつつもキルフ帝国へと向かったレティは、そこで皇帝に関するとんでもない噂を耳にする。その真相を確かめようと、レティは己の騎士とノーザルツ公、さらにはイルストラ国の王子も巻き込み、ある企画を立てるが…!?


安定のレティ様で素敵・・・!てかこのシリーズも6巻目なんですね
恋愛よりも政略の方がメインな感じですが、自分はこのぐらいが丁度良いです。

舞台は新たにキルフ帝国に移りスタートです。
出てきた王族の名前がロシア風なような気がしましたが、「選帝侯」とかキワードが出てきたのでちょっとドイツ(神聖ローマ帝国)の要素も入っている国なのかな・・・?
自分の騎士を上手く使い、安定の次期女王陛下っぷりなレティ。
キルフ帝国の凡皇太子を自分の手札で出し抜き、新たな騎士としてノーザルツ大公も手にいてた手腕は見事!
レティと大公のやり取りが好きなので、今回の大公のツンデレっぷりはとても美味しかったです。
あとレティ、ヴィクトル王子、ノーザルツ大公、君主になる人は自分の幸せよりも国を選ばなければならないというのが少し寂しいですね。周りにアナスタシア王女みたいにその孤独を理解してくれる人がいてくれるだけで少しは救われていると思いますが・・・。レティはすべてを手に入れた女王なようなので、彼女自身も幸せを手に入れられるといいなぁ。

最後、キルフ帝国のお家騒動に巻き込まれる形(レティが巻き込んだ形でもあるけど)となったソルヴェール国サイド。いよいよ黒幕(?)なアルトール王子が登場でしょうか。凡皇太子だったミハエルとは訳が違うと思うので、結構苦戦するのかな・・・。続きが楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 18:58 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/158-068cd56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター