ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚/糸森 環  

恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス)恋と悪魔と黙示録 身代わり王女と百年の虚無 (一迅社文庫アイリス)
(2013/05/18)
糸森 環

商品詳細を見る

「ぼくはあなただけを守る魔物なんですから」神魔を使役し“名もなき悪魔”の名を書に記す朔使。人と獣の姿を持つ美しき神魔アガルと契約したレジナは、朔使となる試験を兼ねた調査のため、雪に閉ざされた小国ユピルスに向かうことに…。悪魔の調査のはずが、宮廷を探索中についた嘘から、王女の身代わりをすることになってしまい―!?


自分的にこの作者さんの作品で一番読みやすいと思う(商業作品の中で)

アガルのピュアっぷりに悶えるの巻。
神魔という悪魔でもあり神である特別な存在で気位が高いはずなのに、主には一途とか!!アガルの話し口調がツボ過ぎるんですけどー(~してくださいます?的な口調が)
と、少女小説的にかなりツボを抑えている作品だと思いますが、1巻から割とテーマが重いなと思います。
「本当は神よりも人間の方が欲深い」、「人間は本当に残酷な生き物である。単純な分だけ悪魔の方がかわいいのではないか」などこの世界の教会は腐敗してるのもありますが、結構考えさせらる事も多いですね。

あとリウの話を聞いて、神魔は主に一途な存在であるが故に尋常にないぐらい執着してくるようなのでそれが少し恐いなーと思いました。リウと双子な神魔のヤンデレエピソードには萌えましたけどね!いずれ狂わされると分かっていても自分の神魔を大事に思っている姿は良いなーと。

自分達以外の朔師と神魔をみたり、守護天使と悪魔の恋を見た上で、これからレジナとアガルはこれからどんな関係を築いてくのかなー。
アイリス文庫って続きが出ないことも多いのですが、続き待ってますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

Posted on 19:17 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/156-76e00024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター