ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) プレー感想  

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)
(2013/03/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

【望まずして王となった少女の、恋と戦いのクロニクル】

一人の王が世を去った。
代々『聖剣』によって王を定めて来たその国では、新しい王を求め『選定の儀』を催すことになった。
多くの者達がその剣に挑む中───その剣を抜くことが出来たのはたった一人。
騎士でもなく王族でもない、ごく普通の少女だった。

伝説の魔法使いマーリンに説得され、何も分からないまま『王』として暮らし始める少女。
そこで出会う『円卓の騎士』達。

少女は生まれて初めて戦場に立つ。
何故自分を選んだのか分からない聖剣をその手に、泣きながら。

少女は恋を知る。
絡み付く幾つもの運命の糸に翻弄されながらも、たった一人を愛し続ける。

そして、少女はその剣を手に取る。
自分が愛した者の運命を、その手で切り開くために。


今回はモニター応募でゲットだったので、レビュー提出期限があるため急いでプレー。少し(かなり)自分的にハイペースでプレーしていったので疲れた。
自分は蝶毒FD以来、2回目のモニター応募でした。
(応募してた事を若干忘れてたのは秘密・・・コソッ)

そういえばプリアサは唯一IFラインで4月バカに参戦でしたね(ブラコンはまぁ原作付きの作品なので置いといて)そんなに凝ってる訳ではなかったんですが、ルキウスさんがただの良い人で笑った(本編中はもちろん狂将。まぁ小物でしたが、割と)あと地味にあの壁紙(キャラの顔がユルくなってる)がツボりましたw主人公の「あー、王かぁ」に。


下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 

☆総評8.2点
(10点満点中)
結構歴史(特に西洋史)が好きな自分ですが、アーサー王伝説はほぼ知らない(聖剣、円卓の騎士というキーワードぐらい)状態でプレーしました。少しウィキペディア先生で調べましたが、そのぐらい。
作中では登場人物やもともとの設定を上手くオリジナル化していて、原作を知らなくても普通に楽しめました。原作を知ってる人は設定とかの違いとかに、おっ!となるかもしれない。まあ、あくまで乙女ゲームなのでそこまで重厚さは求めないで下さいw(別にシナリオが軽い訳ではないけど)

自分的にシナリオが金太郎飴じゃないかと心配してたんですが(このライターさんが担当された作品が金太郎飴だった事があったから)、プレーしてみると個別ルートもそれぞれ違う流れだったので良かったです。個別ルートでの共通イベント(戴冠式の話題が出るあたりとか)飛ばせないのには少し「・・・・」となりましたが・そんなに数が多い訳でもなかったしまぁいいか。
個人的に、シナリオ量はかなり多い方だと思いました。まず共通が長い!って事で1周目はかなり時間がかかりました(白目)同時攻略可能だったのがありがたい。が、個別に入ってもかなり長い!(白目)
長いゲームは割と苦手だったりする(で、短すぎると文句を言います。すいません)ので、プレー中は結構ダレました。でもかなりやり応えはあるのではないかと。
システムはいつものオトメイトなんですが、最近動作がサクサクな気がします。いつものシステムに今回はクロニクルというシステムが付いていて、プレー中に自分がどのルート居るかを確認できたり一度見たイベントを回想できるらしいです(たぶん)自分は攻略サイトを見ながらなので全然使わなかったんですがwあとクロニクルを埋めるには全選択肢を選ぶ必要があるようです(埋めませんでしたけどね・・・)
あとクリア後のおまけ「マーリンの秘密の店」(SSや書き下ろしスチル等結構なボリューム)の内容が充実してるのも良いですね。
個人的にBADはもう少しインパクトが欲しかったかなぁ(ルキウスの妾ED、アルの恐怖政治EDとか)完全に自分得なだけですねw

イラストの方は少し癖が強いので、苦手な人も多いかもしれませんが作品にはバッチリあってるなと感じました。
自分はこの方のイラストは結構好き。あとスチルの数も結構多かったのではないかと(おまけもかなり充実してたしね)少しキャラ達が肌蹴過ぎてて(特に主人公の踊り子スチル 笑)きっとCEROがCなのはこれが原因なのか!
鎧のデザインも独特で本当にこれで戦行っても大丈夫・・・?となりましたが、まぁ乙女ゲームだしね!!

あとは特に今回はOPED曲(love solfege)+BGMがとても良かった!戦いの場面で流れるBGMやメインテーマがすごく格好良くて好き。今回BGMを担当されている「電気式華麗集団」はよくエロゲーのBGMを担当してる事が多いそうで。また乙女ゲームを担当して欲しいなぁ。OPムービーも結構演出が凝ってて好きだなー、何度も観てしまう。

今回は、ランスロット→モードレッド→ガウェイン→トリスタン→ガラハッド→マーリンと攻略していきました(マーリンはガラハッド攻略後に攻略可能らしい)自分的に真相に近いガラハッド、マーリンを最後にした方が良いなーと(そうなるとガラハッド→マーリンの流れは必然になるんですが)
個人的にガラハットのツンからのデレ、マーリンの臆病な面、髭キャラは苦手なのにまさかの男気全開なトリスタンに萌えたりしました。どのキャラもそれぞれ良かったけれどね。あとランスロットの中の人の声がまじ優しくて癒しでした(自分は乙女ゲーではじめて会った)

主人公が聖剣に選ばれてから、円卓の騎士たちと信頼たちを勝ち取っていくことや王としての国内での地位を確立していくまでが大体の流れでしょうか。初陣を経験したり途中、スコットランドに攻められたりしますが、割と国内のゴタゴタ(モルゴース様関連)を解決してこれから姫王の物語はこれから始まるというとこで終ります。
自分的に長さに途中ダレたりはしましたが、どのルートもそれぞれ見所があって最後まで楽しめました。あと個人的に主人公に騎士たちが忠誠を誓う場面が好きです、格好良かった!それぞれのルートをプレーしないと明かされないこともあるので、たぶん全部プレーすると物語の全容が明らかになるよ、という感じかな。
キャラもシナリオも良いし、個人的には糖度もこのぐらいで十分なので面白かったなーと思うんですが、一部消化不良な部分があったのが気になりました。特にランスロットルートは色々勿体ない!心に自分の思いを秘めすぎていつ主人公を好きになったのかが分からなかった。あと最強の印とかニムエさんとの関係とかさ・・・。
一番の残念なところは、メドラウド、ボールスが攻略出来ないことですけど。もはやそれはバグ!
あとダリウスさん生存ルートが一つぐらいあってもいいと思うの。。。

主人公のアルは聖剣に選ばれた普通の女の子という感じで、剣は円卓の騎士である兄に勝ってしまうほどの強いんですが基本的には本当に普通の子だったなーと。真っ直ぐで、人を疑う事をしない少し王としてはどうなのかな・・・という性格ではあるんですがこの物語ではそんなアルだからこそ聖剣に選ばれた訳で。
前王と比べられたり、色々と悩みながらも王として進むべき道を模索しながらも、前に進んでく姿が良かったです。あとデフォルトネーム、アル(アーサー王の名前の由来がアルトリウスなそうなのでそこから来てるのかも)でプレーすると名前で呼んでくれますが基本「姫王」呼びです。自分的にアルのビジュアルの繊細な感じがすごく好みだったんですが、スチルだとやぼったく見えたのが残念・・・可愛いんだけどね。個人的にジャケットのアルが好きです(あとUMDの伏目がちなやつも好き)

全員攻略すると、SS「ある王の物語」が追加されて物語の真相が明かされるのが本当に良かった。このSSでこの作品の評価がさらに上がりました。もとの物語があるからこそこの世界の物語がある、この少女の物語はこれからはじまる・・という終り方がとても良い。
アーサー王の世界が確かにあって(たぶん原作通り)その自分が迎えた結末を変えたくて聖剣に王が願った世界がこのプリアサの世界。アルはアーサーには叶えることの出来ない平和な世界を作り上げるために選ばれた存在で、逆にメドラウドは選ばれるこがない存在らしいです。序章やマーリーンが聖廟に薔薇を供えていた(本当はアーサーのためだったのかも)のはこの真相の伏線だったのかな。あとアーサーとアルはW主人公っぽいなー
まさかこんな風に原作のネタを使ってくるとは思わなかったなぁ。

個人的にはFD出たら嬉しいけど、でも最後の終り方が好きなのでこれで綺麗に完結でもいい気がする・・・。
スポンサーサイト

Posted on 01:49 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/121-9ccaf496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター