ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

魔性の子 十二国記/小野 不由美  

魔性の子 十二国記 (新潮文庫)魔性の子 十二国記 (新潮文庫)
(2012/06/27)
小野 不由美

商品詳細を見る

どこにも、僕のいる場所はない──教育実習のため母校に戻った広瀬は、高里という生徒が気に掛かる。周囲に馴染まぬ姿が過ぎし日の自分に重なった。彼を虐(いじ)めた者が不慮の事故に遭うため、「高里は祟(たた)る」と恐れられていたが、彼を取り巻く謎は、“神隠し”を体験したことに関わっているのか。広瀬が庇おうとするなか、更なる惨劇が。心に潜む暗部が繙(ひもと)かれる、「十二国記」戦慄の序章。


十二国記、新装版刊行スタートです。
魔性の子も今回から正式に十二国記シリーズのEpisode0になってますね。
十二国記シリーズは魔性の子を含めて、ホワイトハート文庫版で風の万里~の下巻まで読みました。

高里の周りで起こる怪奇も段々エスカレートしていって恐かった・・・!自分的に集団飛び降り自殺事件が一番ぞっときました。でもやっぱり一番恐ろしいのは、人間の悪意ですよね・・・。あるきっかけで態度をコロっと変えて、徹底的に排除しようとするんだから。なぜ人は異質な物に対してあんなにも残酷になれるんだろう。

あと、どこか自分の本当の居場所に『帰りたい』と感じる事はたぶん誰にでもある事ですよね。そうずっと思ってても、実際はそんな場所はなくずっと、この世界で生きていきなければならないんだから色々辛い。

魔性の子は本編を読んでいるのと、読んでいないとではだいぶ物語の感じ方は違いますよね(本編の知識があると「キを探してる」謎の女や、白い手の正体とかが解ってしまうし)あえて何も知らない状態で読むのも面白かったのかもしれないなーと思ったり。I

この魔性の子と本編がどうリンクしてくるのか気になります。続巻も楽しみ!
スポンサーサイト

Posted on 12:41 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/12-912a6b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター