ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

英雄の占星術師 はじまりの軌跡/華宮 らら  

英雄の占星術師 はじまりの軌跡 (ルルル文庫)英雄の占星術師 はじまりの軌跡 (ルルル文庫)
(2012/06/26)
華宮 らら

商品詳細を見る


華麗なる男たちの、恋と野心の行方は……?

新政府内で力を伸ばす海軍海佐アーツと、その副官で謎めいた美貌の占星術師レヴィット。新政府代表モスの側近として改革に当たる二人は、国を揺るがす陰謀に直面することになって!? そんな中、王族の血を引くジュエル姫への想いを自覚したレヴィット。しかし、ジュエルとモスの婚姻がささやかれはじめ……。海洋国家レインフィールドを襲う危機に、最強コンビが取る策とは? 華麗なる男たちの恋と野望のドラマチックストーリー!


あれ、2巻完結デスカー。せめて3巻ぐらいまで続くかと思ったんだけど。
ルルル文庫って結構、続くのかこれで完結なのかあらすじで判断出来ない時もありますよね・・・・。

うーん...男同士の友情物としても、恋愛物としてもイマイチ物足りなかったです。
アーツとレヴィッドの友情の部分をもっとしっかり書いて欲しかったなぁ。貴方達、いつのまにそんな熱い友情を育んだの・・・?状態に。
あと恋愛面も意外とすんなり纏ってしまったのもなぁ。モス、もっと粘ろうよ!とか思っちゃいましたよ。ジュエルを巡ってもっと争って欲しかった。あとレディ・エステラもアーツにコロっと落ちちゃって残念(もっと悪い女性かと思ってました。)
レヴィッドの出自とかもっと突っ込んでやって欲しかったなぁ。もっと色々掘り下げたら面白かったのに、勿体ない(上から目線ですが・・・・)あとルネや護国卿とかももっと活躍させて欲しかった。
これだけ駆け足な展開になっちゃったうぐらいだったら、読みきりにした方が良かったと思うなー

と、不満ばかり書いてますが、政治的な部分とかはやっぱり面白かったです。
黒幕とかが普通にわからなくて最後までドキドキしました。あとモスが一人で暴走しそうでそこもハラハラ。モスが暴走してアーツたちと対立する話も面白そうですけどね(笑)
前のシリーズの舞台になってる国がちらほら出てきていて少しニヤっとしてしまいました。時系列的にはクラロマシーズとは近いのかな?どうなんだろう。


次はまたクラシカルロマンシリーズ読みたいなぁと思ったり(無理ですかね・・・?)また周りに支えられながら成長していく女の子が主人公的な。アーツとレヴィッドは少しチートキャラ過ぎたかな、いや格好良いんだけど。
自分的に華宮さんはすごく好きな作家さんなので、これからも頑張って欲しいです。次の新作も楽しみに待ってます。
スポンサーサイト

Posted on 11:20 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://alleinigesspielen.blog.fc2.com/tb.php/11-2f320a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター