FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 /はるおか りの  

後宮麗華伝 毒殺しの花嫁の謎咲き初める箱庭 (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2018-02-01)
売り上げランキング: 13,163

“聖女の箱庭”を意味する瑠弥麗火宮で園林の花々と共に隔離されて育てられた泥蝉王女、朶薇那。後の名を戻露珠は、凱の軍兵に襲われそうになった折、助けてくれた異国の皇子・高透雅のことを片時も忘れることはなかった…。紆余曲折の末、透雅の妻として迎えた初夜。二人の想いはすれ違って―!?愛を信じることのできない透雅を、露珠は愛する花に想いを託し解きほぐしてゆく―。


後宮シリーズも8作目で今回のテーマは「花」でした。ヒロインが花や毒に詳しく(いくら耐性があって毒が効かないと言っても毒味させるのは怖いけど 笑)その蘊蓄やその知識をフルに活用してたのが読んでてとても面白かったです。
あとヒロインの口調が、〜じゃとかくりゃれ(古めかし姫言葉的な?)がとても可愛くて好き。

今回のヒロイン露珠(朶薇那)は元王女なのだけど国のしきたりで纏足で、この国に迎え入れられたものの纏足な事で(赤毛の異国人でもあるし)周りに蔑まれてしまってるのだけど、そんな境遇でも腐らないで置かれた場所で精一杯頑張ろうとするそんな健気な子でした。そんなヒロインだからこそ、誰も愛せないと思ってた示験王もメロメロ(笑)になってしまった訳ですね(まぁ割とはじめの方から執着というか、ヒロインを傷つけたら絶対消すマンはみ出てましたけど)あと皇子だけに後宮育ちなので、純粋な好意は何よりも貴重な物なのかもしれない。結構、恋愛部分がテンプレ化が気になるところ(モダモダ両片思い→誤解が解けて相思相愛→陰謀に巻き込まれる)だけどそのメインカップルの安定感があるからこそ安心して読めるのかもしれない・・・

そしてメインカップル以外は誰も幸せにならなくてスウン・・・となるしかないのですが、青艶姐さん子供を流してしまい帝との恋なんて苦界に身を沈めた自分には間違えだったとただ泣くしない姿は本当に救いがなくて辛い・・・
今上である豊始帝も愛する女性との未来を失ってしまったのだからやるせないよな・・・後宮に妃嬪はいるけれど、きっと帝の寵愛が欲しいだけで本当の彼を愛してるかはどうかな?って感じだし。あと皇子公主たちが、親に振り回され過ぎてて哀れすぎる・・・そもそも大上皇が李皇貴妃を偏愛し過ぎなのも影響あるよね(他の妃の子供たちには無関心)

今回、宋家に引き続き呉家まで族滅されてしまったの国ゴタつきそうですね・・・崇成帝以降、皇位継承がゴタつくようなのでどうなることやらという感じ・・・(わたしは(も?)凱王朝滅亡でシリーズ完だと思ってる)
スポンサーサイト



Posted on 20:47 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

1月読書メーターまとめ  

今月中には乙女ゲーとBL編のまとめ上げたいです!!的な事言ってましたが、あれは嘘だ(クズ)
体力と気力的に普通に無理でした。気づいたら2月ですし。

というか、読書感想自体かけてなくてだな(読メとかにつけるだけで精一杯)ギギギギギッとなってはいます。

今月はレアリアを最新刊まで読めてのが個人的には満足。
個別で書けなかった代わりにここでサクッとまとめてたら、普通に長くなったので感想として上げ直しました(笑)
良かった書けて。

今年中には続き読めるかなぁ。

という事で、今月は8冊でちとコミックが多め(レアリアにだいぶ時間がかかったのもある)
追記より読書メーターまとめです
乙女ゲー編はあれだ・・・今やってるカラマリをコンプしたら(もう少し)まとめようと思ってはいる。今年は(2017年は)BL編は諦めよう(せめてと・・ちょっと去年のBLベストについて本当にさらっと追記でまとめました)
-- 続きを読む --

Posted on 16:57 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

レアリアⅡ〜Ⅲ(前篇・後編)/雪乃紗衣  

新刊まで駆け抜けたのでまとめて感想です!

それぞれサブタイはⅡ「仮面の皇子」Ⅲ「運命の石 前篇後編」

休戦延長なし―。魔女家名代として宰相会議に臨んだミレディアは、破滅に突き進む帝国の選択に心を痛めつつも、「家族」となったアリルのために為すべきことを考えていた。一方、アリルはもう一人の皇帝候補ラムザとデュアメル学院に通い、帝位継承者として起つ決意を固める。…明かされる少女の罪、そして少年の仮面の下に隠された驚くべき真実。(仮面の皇子)


やはり入ってきづらい文章かつ場面転換が多いなど読みづらさが難点なんだけど、2巻以降だんだんミアたちの物語になってきたのもありすごく作品に愛着が湧いてきました。確実に終わりに進んでしまっているけど、もしかしたらミアならその運命を変えてくれるのでは・・と思わずにいられない。それぞれの皇子たちと関係性も良いですが、個人的に王朝のアイゼン皇子との悪友からの仇の関係になったのが刺さった。そんな中でも、ミアの中ではアキの存在が大きいんだなぁと。
その関係にヤキモチを焼くアリル皇子は微笑ましかったけど、確実に仄暗い感情も抱いているみたいで・・・(冬の王の血)その狂気がどうなるのかザワザワする。アキや皇子たちの謎やそれぞれの思惑も徐々に明かされてきて続きも気になるところ・・・(あと鳴らしたものが玉座につけるという「運命の石(リア・ファール)を鳴らしたのはミア?)
次はいよいよ皇帝選でしょうか・・・ザワザワしながら続き待機ー

グランゼリア戦を描いた中編である「碧落」は壮絶で読んでて苦しかった。ほとんどの十三翼将がこの戦で戦死してまうんですが、みんなオレンディアの為に死んでいってた姿は本当に読んでて辛かったです。ボロボロで擦り切れてしまったミアが痛々しかったけど、それでも唯一諦めないでオレンディアを守り切った彼女は本当に強いんだな、と思いました。ポンコツな小魔女と呼ばれてるけど、アイゼン皇子の剣を受けて防げるぐらいなので本当は強いのでは・・・?(ヒント、剣受ける様は剣鬼将軍や死神ギィの影をみた)となったのでまだミア自身にも謎が多そうだ。」
あと愚帝と噂なユーディアスの本性やオレンディアへの執着が垣間見えてゾクっとした。

読んでて気持ちが落ち込みますが(展開が重いので・・面白いんだけどね!)かつくらの新刊に載ってる書き下ろしの短編集がほのぼのしてていい感じに幸せになれるのでオススメ。ヤキモチなアリル皇子とカブなアキ(作者インタビューもあるよ)

Posted on 15:58 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター